ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

寒風の旅人・モンゴル~北朝鮮 第四夜 【ユーラシアンナイト】

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

壮大なユーラシア大陸をめぐる旅。一度はしてみたい遠くて果てしない旅路……。『ユーラシアンナイト』は、モンゴルから北朝鮮へと向かう旅を数回の連載でお伝えする、動画をメインとするドキュメンタリー記事である。

今回の『ユーラシアンナイト』は “寒風の旅人・モンゴル~北朝鮮” の第四夜として、モンゴルと接する中国国境のようすをお伝えする。2009年1月3日まで、連日スペシャル連載として掲載する予定だ(第一夜 / 第二夜第三夜はこちら)。ちなみに動画は、ハイビジョン映像でもお楽しみいただける。また、この記事は旅行サイト『4TRAVEL』と、英字ニュースサイト『NEWS MILEAGE CX21.cc』の協力により当編集部が取材し、制作・掲載している。

モンゴルのウランバートルを夕方の鉄道列車に乗り、早朝、中国にほど近いザミンウードの町に到着した。駅前で待っているジープに乗り、中国の国境ゲートを越えて中国へと入国。中国側の町の名は二連浩特(エレンホト)といい、北京行きのバスが1日1本だけ出ている。取材班は、そのバスに乗り北京へと向かうのだ。

二連浩特は小さな町だが、道路や鉄道駅はきれいに整備されており、むしろその整備された風景が、寂しさを感じさせる。バスは15~16時の間に出発する予定なので、大衆食堂で腹ごしらえをした。ここはモンゴルに近い街だが、モンゴルの通貨は使えない。

また、この付近では恐竜の化石が多数発見されており、恐竜博物館もある。街はとても寂しいが、時間があれば立ち寄ってみてもいいだろう。取材班のバスは、明日の早朝4~5時に北京に到着する予定だ。
 
 
■関連リンク
モンゴルに関するウワサのまとめ結果をチェックする
 
取材協力:4TRAVEL
提供:NEWS MILEAGE CX21.cc

カテゴリー : ガジェ通 タグ :
hiroの記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。