体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

クアッドコアCPUと下り100Mbps化したXiでパワーアップ!Android 4.1搭載のドコモスマホ「GALAXY SIII α SC-03E」を写真と動画で紹介【レポート】


GALAXY SIIIα SC-03Eの詳細をチェック!
既報通り、NTTドコモは11日、2012年冬に発売する予定の新モデル「2012年冬モデル新商品・新サービス発表会」を行い、クアッドコアCPUや2GBメモリー、おサイフケータイ(Felica)、ワンセグなどを搭載した、Android 4.1(開発コード名:JellyBean)採用スマートフォン「GALAXY SIIIα SC-03E」(サムスン電子製)を2012年12月以降に発売すると発表しています。

GALAXY SIIIα SC-03Eは、今年6月に発売された2012年夏モデルで大人気機種となっている「GALAXY SIII SC-06D」のカスタマイズプレミアムモデルで、GALAXY SIII SC-06Dをベースにチップセットをアプリケーションチップにサムスン電子製「Exynos 4 Quad(Exynos 4412)」でCPUは最大1.6GHz駆動のクアッドコア、通信チップにQUALCOMM製「MDM9215」に変更したモデルです。

また、通信チップをMDM9215にしたことで、LTE対応通信チップとしても新世代となり、省電力化のほか、データ通信サービス「Xi(クロッシィ)」がこれまでの2.1GHz帯に加えて、1.5GHz帯にも対応し、15MHz幅による下り最大100Mbpsまで高速化しています。

さらに、プラットフォームも最新のAndroid 4.1に変更され、描画の高速化によるさらなる滑らかな描写や新サービス「Google Now」などへの対応、さらに、新しく左サイドに表示されるメニューから2画面表示ができるポップアッププレイといったユーザーインターフェースにも対応しています。

今回は、そんなカスタマイズモデルながら先進のハードウェアを搭載し、多くの進化を遂げたGALAXY SIII α SC-03Eについて、発表会にて実機展示がありましたので、実際にタッチ&トライした様子を写真および動画で紹介していきたいと思います。

01

GALAXY SIIIα SC-03Eは、前モデルのGALAXY SIII SC-06Dとほぼ同じスペックとなっていますが、クアッドコアCPUや下り最大100Mpbs化したXiに対応するなど、さらにストレスフリーな超高速レスポンス実現しています。

ボディーカラーはTitaniumu Gray(チタニウムグレー)とSappire Black(サファイアブラック)の2色展開。ブラックは光沢のあるピアノブラックといった印象で、指紋は目立つように思いました。サイズは、大きさが約137mm×71mm×9.0mm、質量が約139g。

02 03
1 2 3 4 5次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。