体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

かの有名なアダルトグッズが枕になった?

男性の多くがご存知であろうあのグッズ『TENGA』。女性にはなんのことかわからない方もいらっしゃるかと思うが、話せば長くなってしまいますので、ここでは説明をバッサリ割愛させていただきます。その『TENGA』なのだが、どうもそれをモチーフとした枕がまもなく発売されるようなのだ。そのまま枕としても使える上に、本物と同様に中が空洞になっているので、ちょっとした腕枕としても使えるとのこと。

TENGAはある意味日本を代表するアダルトグッズと呼んでもよいだろう。2005年リリースで累計出荷総数が2000万個を突破しており、アダルトショップでは必ずと言っていいほど派生・関連商品と共に販売されている。それらはいずれもオフィシャルなものの話だが、今回の枕はどうやらアンオフィシャルのようだ。

販売元のJBOXは「寝心地のよさ」をプッシュしているものの、いかんせん買ってみないと分からないのが悩ましい。しかも置きどころにも困ってしまう。商品説明ページによれば、価格は19.5ドル(約1,500円)。友人へのプレゼントにいかが。

※この記事はガジェ通ウェブライターの「香椎みるめ」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

画像: 販売元のJBOXの商品説明ページのキャプチャーより (http://www.jbox.com/product/PRE1449 )

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。