体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

着実に進化して悔しいけれどお前に夢中ギャラ……ドコモスマホ「GALAXY Note II SC-02E」を写真と動画でチェック【レポート】

個性ありまくりのスマートフォンGALAXY Note II SC-02E登場!
既報の通り、NTTドコモは11日「2012年冬モデル新商品・新サービス発表会」において、5.5インチHD有機EL(HD Super AMOLED)ディスプレイや2GBメモリー、ワンセグなどを搭載した、Android 4.1(開発コード名:JellyBean)採用スマートフォン「GALAXY Note II SC-02E」(サムスン電子製)を発表した。

同発表会の展示会場でSC-02Eを試用してきたのでその様子を写真と動画で紹介したいと思う。

01

カバーは本体色に合わせたものが付属する
SC-02Eのカラーバリエーションはマーブルホワイトとアンバーブラウンの2色。アンバーブラウンはヘアライン加工されており、高級感のある仕上がりとなっている。

05

アンバーブラウン

06

SC-02E(写真=左)と前機種SC-05D(写真=右)
ディスプレイは約5.5インチのHD有機EL(HD Super AMOLED)ディスプレイとなり解像度は前機種であるSC-05Dよりも短辺が80ドット少なくなったものの、画面のサイズは大型化し使いやすく/見やすくなったといえる。画面比率16:9となったためボディー短辺方向はサイズダウンし持ちやすくなっている。

02

本体上部にはイヤフォンジャック、左側面にはボリュームキー。

03

本体下部にはUSB端子とSペン、右側面には電源キーがある。基本的なボタンレイアウトは変わらず。

04

Sペンは大きくなり使いやすくなっている
Sペンのデザインが変更され、一回り太く角の取れた三角に近い形状となった。この変更に伴い持ちやすくなったとともに、サイドにあるボタンが押しやすくなっている。

11

SC-05D付属のSペンと比較してみたところ太さ、長さともに大きくなり、使いやすくなった

このSペン関連では、ソフトウェアも進化しておりSペンを抜くと設定したアプリが起動したり、画面にSペンを近づけるとナビゲーションが表示されSペンの位置が把握しやすくなっている。この浮かせた状態に対応したアプリは画面に触れることなくスクロールさせたりることができるようになっており、直感的にスクロール、タッチして決定ができるようになっている。

07

ペンを浮かした状態で丸いナビゲーションが表示され、webページのハイパーリングに下線が表示された

ホーム画面、webのスクロール、アプリの切り替えは軽快で、前機種にあったフレーム数が少ないためのもたつきが感じられない。これらの軽快な動作は、サムスン製1.6GHzのクアッドコアCPU「Exynos 4412」によるもので、現行機種ユーザーもこのアップグレードを見てしまうと結構ショックが大きいのではないだろうか。

これらの軽快な動作と、Sペンを抜く動作を動画に収録しているのでそちらも参照して欲しい。

発売は、2012年11月中旬以降を予定している。

?N???G?C?e?B?u?E?R?????Y

すべてのトピックスをみる – livedoor トップページ

関連記事

SmartPhone&Tablet2012:エスアンドアイブースにて紛失・盗難時に電話一本で端末を初期化&回線停止をしてくれるセキュリティサービス「sactto!リモートワイプ」を展示【レポート】
着実に進化して悔しいけれどお前に夢中ギャラ……ドコモスマホ「GALAXY Note II SC-02E」を写真と動画でチェック【レポート】
ITpro EXPO2012:NTTコムウェアブースにて新聞やパンフレットの写真から動画を紐づけてスマートフォンで再生するAR技術「SmartCloudイメージベースAR」を展示【レポート】

(http://news.livedoor.com/article/detail/7041238/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。