体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「僕がクソだった」フェンシング・太田、転機を語る

12日放送、TBS「A-Studio」では、ロンドン五輪フェンシング・フルーレ団体銀メダリスト・太田雄貴がゲストで出演した。

準決勝でドイツと対戦し、劇的な幕切れとなった逆転劇を振り返り、太田は「勝たないとマジで帰れないと思いましたね。やっぱり、後ろのみんなの人生ものっけて戦っているのが9試合目の選手なんですよ。全員の人生を背負って戦う覚悟があるから大事だと思っていて、将来もそうだし、コーチとして継続するかどうかも懸かっている。人生変えるぞって言って、僕ら団体戦行ったんで」と話す。

すると、笑福亭鶴瓶から、「(コーチの)オレグに習おうと思ったのは、いつ頃なの?」と訊かれると、2006年、太田にとって大きな転機となるマツェイチュク・オレグ(ロンドン五輪コーチ)への師事について語り出した。

「あれが、僕の人生の中でターニングポイントでしたね」と切り出した太田。「(オレグとは)すごい仲悪くて。些細なことでケンカばっかりしてて、全然指導を受ける気にもなれなかった。オレグがすごいコーチというのは一番分かってる。本当は教えてほしいんだけど、プライドが邪魔して」と明かす。

また、「同じ練習場で挨拶しない時とかも平気でありましたし、僕がクソだったと思います。僕も若かったと思いましたし。ある日、これでは限界だと。僕の人生とそれを天秤にかけて、思い切って向こういって。そしたら、(オレグから)もっといわれると思ったんですよ。でも“オッケー”って言われて。もう冷や汗ですよ」と、犬猿の仲だったオレグに、コーチを頼むにあたって葛藤した心のうちを語った。

だが、その成果はさっそくやってくる。「貴方の犬になりますから、勝たしてくれと。勝つためだったらなんだってするからって。そっから毎日レッスンがはじまって、2週間足らずで28年ぶりにアジア大会を日本人で優勝したんですよ」と語った太田は、「その2週間後の全日本選手権に優勝して、“オレグいなくてもいいだろう”って思ってたら簡単に負けたんですよ。僕が強くなってたんじゃない。結局、魔法にかかってたんですよ」と苦笑い。

「それからまた一緒にやりはじめて、今まで勝ったことのない、W杯の上のクラスのグランプリっていう大会で準優勝したんですよ。この時に、はじめて“北京でメダル獲れるかもしれない”って思いましたね」と話した。

フェンシング・太田の無茶ぶりに三宅がギャグを披露するも――

?N???G?C?e?B?u?E?R?????Y

すべてのトピックスをみる – livedoor トップページ

(http://news.livedoor.com/article/detail/7040306/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。