体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

深みのある発色と素早い応答速度がスゴイ!7.7インチ有機EL搭載タブレット REGZA Tablet AT570 -東芝2012モデル-【最新タブレット指南】

2012年は、ドコモが異例の秋モデルを発表するなどタブレット元年と言える拡大をみせている。特にAVメーカーでもある東芝からは薄さと軽さを兼ね備えるだけでなく、AVメーカーとして高画質と高音質にもこだわったモデルが発売されており、魅力ある製品が増えてきた。

そこで、当ブログメディアITライフハックで、東芝から発売されているREGZAのブランド名を冠した7インチから13インチの最新タブレットが持つ特長をクローズアップし、アナタにふさわしいタブレット選びを探ってみたい。

是非、後悔しないタブレット選びの参考にしていただきたい。

今回は、7.7インチ有機ELディスプレイを搭載したREGZA Tablet AT570を紹介しよう。

■片手で操作するのも簡単!文庫本2冊分の軽さ

厚さは7.9mmとスリムで、重量は文庫本約2冊分の約332gと軽く、いつでもどこでも気軽に持ち出せる点が嬉しい。手のひらサイズなので、片手で持って操作するのも簡単だ。

バッテリーにはリチウムイオンポリマーを採用し、連続で動作再生をした場合の駆動時間はメーカー公称で約10時間と、旅行やレジャーのお供に持って行っても充電なしでたっぷり動画やウェブを楽しめる。

120928_at570_07_800

大きめスマートフォンといったサイズ感

120928_at570_08_800

片手で持ちやすいデザインになっている

120928_at570_09_800

10インチサイズのタブレットと比較すると小型であることがよく分かる

■鮮やかで美しい有機ELディスプレイ搭載!

REGZA Tablet AT570の最大の特長は、解像度1280×800ドットの7.7インチ有機ELディスプレイだ。

有機ELディスプレイの特長は表示できる色が幅広く、深みのある発色と色彩が際立つ。液晶パネルに比べて応答速度が速いので動画で気になるブレも軽減してくれる。

REGZA Tablet AT570は、従来機と比較して色再現性が約2.2倍、応答速度が約12.5倍、コントラストが約4.25倍と格段に画面の性能が上がっており、高精細で文字が欠けないのはもちろん、動画やゲームでも残像がなく、なめらかなので見やすい。写真や映像が鮮やかでくっきり見られるのも特長だ。

さらに、本体の背面に約500万画素、前面には約200万画素のWebカメラを搭載しているので、SkypeやGトークでのテレビ電話も手軽に利用できる。

OSはAndroid 4.0、CPUにはクアッドコアCPU「Tegra3」を搭載しており、動画閲覧やWebブラウズをする際、ストレスなくキビキビと快適に動作するのも大きなポイントだ。

120928_at570_02_800

本体正面。ディスプレイのサイズは約7.7インチ、解像度は1,280×800のWXGA

1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。