体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「目標達成」できる人とできない人の違い

 「目標」を達成するためには、まず計画を立て、それに従って行動すべき、ということがよく言われます。確かに、目標を定めたと同時に、行動の方向性を決めずに走り出してしまっては、失敗するのも無理はありません。
 ただし、目標と定め、計画を立てるだけでは不十分です。
 『目標達成の技術』(アチーブメント出版/刊)の著者、青木仁志さんは、目標を達成し、成功を収めるためには、まず自分の心の状態を知る必要があるとして、それを踏まえたうえで、目標を達成し、成功を収めるための条件を本書でつづっています。
 目標をきちんと達成できる人になるために、一体どのようなことが必要なのでしょうか。

■恐れ、怒り、罪悪感から解放された自由な心をもっている
 コップに水が半分入っている状態を見て、「もう半分しかない」と思う人と、「まだ半分ある」と思う人がいるように、事実は一つでも、それをどう解釈するかは本人次第。
 そして、その解釈によって、人がとる行動は変わるので、目の前の事実をどう受け止めるかというのは現実に大きく影響を与えます。
 だとしたら、自分が求めている人生に対して役に立たない解釈はしない方が賢明なはずです。
 あなたに、恐れていることや、怒りを禁じえない出来事があるのなら、その事実に違う解釈を与えることで、その感情から自由になることができるかもしれません。

■人間関係の悩みから解放されている
 青木さんいわく、真の目標達成とは物心両面の幸せを実現することだといいます。
 そのためには、周囲の人とよりよい人間関係を築いておくことは欠かせません。
 夫婦関係であれ、友人関係であれ、相手といい関係を築くために最も大切なことは、相手を尊重すること。つまり、他人は変えられないと知ったうえで、相手の人格全てを受け入れることです。
 自分も含めた家族や、周りの人々と一緒に幸せになるためにどんなことができるのか、ということを考えることは、目標達成の重要なポイントになります。

■人生理念に基づき一貫性をもって生きている
 「目標」は多くの人が持つものですが、それを達成するためには、“何のために目標を達成するのか”という、「目的」や「理想」も同時に定めておく必要があります。
 自分のためだけでなく、人々の役にたつ“価値のある目的”を定め、そこに向かって歩き続けることは、生きがいとハリのある人生につながると青木さんは言います。
 ここでいう「目的」とは、人生理念や価値観、信条に基づいた、自分の人生全体をカバーする大きなものです。「目標」とは、この「目的」に至るまでの道標だと考えられるかもしれません。だからこそ、揺らぐことのない一貫した「目的」を持つことは、「目標」を立て、それに向かって努力するうえで大切になるのです。

 今回紹介したのは、目標達成できる人、成功できる人の条件にすぎません。
 本書には、具体的な目標の立て方や、アプローチの仕方といった、目標達成のための技術のすべてが網羅されていますので、ビジネスや受験勉強など、立ち向かうべき目標を持つ人はぜひ参考にしてみてください。
(新刊JP編集部)



(新刊JP)記事関連リンク
歴史的偉人の目標達成テクニック
目標達成を妨げる「勘違い」3つ
必ず目標を達成する人の3つの思考

エンタメ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。