体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ワイヤレスで映像を飛ばせ!まだ現役バリバリiPhone 4/4Sのビデオトランスミッター付バッテリー【イケショップのレア物】

iPhone 5が生産と入荷が追いつかないほど売れに売れまくっている。KDDI(au)へは、10万というものすごい数のMNP転入があったというのだから驚くばかりだ。それだけiPhone 5に魅力があるのだろう。ただし、いま現在、予約を入れたとしても実際に入手できるのはギリギリ年内といった感じらしい。

どれだけ欲しくても手に入らないのでば意味はない。また、iPhone 4/4Sの割賦も残っているという人も多いだろう。割賦期間が終わってから購入したほうが、当然、毎月の負担金額は安くなるし、程度の良いiPhone 4Sなら下取りに出さずにそのままWi-Fi利用してもいい。

個人ではなく、会社でiPhone 4/4Sを導入しているケースでは、代替えの時期になるまでは、iPhone 4/4Sは使い続けなければならない。専用のアプリを入れている場合などは、iOSのバージョンアップすら許可されていないケースもあるようだ。

いくらiPhone 5が人気だからと言っても、世の中には、さまざまな理由でiPhone 4/4Sを使わないとならないユーザーは結構多いはずだ。さらに言えば、iPhone 5で大きく変更されたDockコネクター(30ピンから8ピンへ)Lightingコネクターは、アクセサリー類が圧倒的に少ないのが現状だ。

いっぽうiPhone 4/4S向けのアクセサリーは、まだまだ豊富に市場にある。今回紹介する「バッテリー内蔵 ワイヤレスビデオトランスミッター付きケース for iPhone4/4S」などは、ビジネス利用でiPhone 4/4Sを使っているようなケースでは非常に重宝するアイテムだ。

■社内MTGや会議にiPhoneを使って報告やプレゼンができる
この商品、機能としては2つ持っている。1つはモバイルバッテリー付きのiPhoneカバーであること。もうひとつは、ワイヤレスのビデオトランスミッターであること、といった感じで2種類の機能を持つ。ぱっと見だけなら、iPhone 4/4S用のモバイルバッテリー兼カバーと言っても通りそうな感じだ。実際にはバッテリーに加えてビデオトランスミッターが内蔵されている。本体以外にレシーバー部があり、そこからRCAコンポジット出力(映像、音声左右)で映像機器に接続するようになっている。アナログ信号なので、古いテレビやプロジェクターに接続することができるようになっているのはうれしい。たとえば会議室に置いてある年代物のモニターやプロジェクターが使える。iPhoneをつないで各自が報告したりプレゼンを行うことが可能だ。

ワイヤレスで映像を飛ばせ!まだ現役バリバリiPhone 4/4Sのビデオトランスミッター付バッテリー【イケショップのレア物】バッテリー内蔵のケース部分、ここにトランスミッターが内蔵されている。 ワイヤレスで映像を飛ばせ!まだ現役バリバリiPhone 4/4Sのビデオトランスミッター付バッテリー【イケショップのレア物】カメラ部分は使えるようくり抜かれている。

■レジーバー部分はわずか17gという軽さ
本体からビデオ映像信号が送信され、レシーバー部分で受けるという構造だ。レシーバー部分はMicroUSB端子が設けられており、そこから電源を取るようになっている。PCのUSB経由で給電することが可能だ。USBホスト機能があって、そこから5V出力しているような場合、なにもPCでなくてもかまわない。ACアダプターがあれば、それを利用してもOKだ。

ワイヤレスで映像を飛ばせ!まだ現役バリバリiPhone 4/4Sのビデオトランスミッター付バッテリー【イケショップのレア物】レシーバー部はわずか17gとコンパクト。 ワイヤレスで映像を飛ばせ!まだ現役バリバリiPhone 4/4Sのビデオトランスミッター付バッテリー【イケショップのレア物】内蔵バッテリーは1900mAh、ボタンの長押しで充電を切り替える。
1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会