体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Sony、電子書籍アプリ「Reader」をバージョンアップ、他社のAndroid端末にも対応

Sonyは10月11日、同社の電子書籍サービス「Reader」の公式Androidアプリをv3.0.0にアップデート、それと同時に、同社製端末以外にも提供を開始しました。対応機種はAndroid 2.3以上を搭載したスマートフォン・タブレット。今回のリニューアル的なアップデートで、アプリUIが白を基調おしたデザインから黒を基調としたデザインに変更。新たに好きな名前の本棚(アプリ上では”コレクション”)を作成して書籍を管理することや、コレクション内の書籍をタイトル/著者/ジャンル/出版社でソートできるようなりました。また、書籍ストア「Reader Store」にアクセスするには、別途ブラウザが起動する必要がありましたが、アップデートでアプリ内から直接アクセスできるようになりました。読書関連の機能変更では、ページをめくる際に、紙の書籍をめくるようなアニメーションや最後に読んだページ位置やブックマーク(しおり)、ハイライトなどの情報を他の端末と同期する機機能、”Twitter”と”Facebook”に読んだ書籍のことを投稿する機能が追加。また、より小さいフォントサイズが設定できるようになりました。なお、Sonyは今回の対応機種拡大を記念して、2013年1月15日までの期間中、他社端末にインストールしたReaderアプリからReader Storeにログインするか、新規にアカウントを作成することで、書籍の購入の足しにできる300円分のポイントをプレゼントするキャンペーンを実施しています。「Reader」(Playストア)Source : Sony



(juggly.cn)記事関連リンク
CyanogenMod 10月次リリース版”M2”が公開
Nexus 7とGalaxy Nexus(takju)用Android 4.1.2のファクトリーイメージが公開
”Nexus 4”は10月29日発表、フランスの日刊紙が報じる

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。