体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

感染症を防止するスマート縫合糸【サイエンスニュース】

感染症を防止するスマート縫合糸【サイエンスニュース】


topimg_news41_01


ナノテクノロジーやMEMSが進歩したことで、アナログだったものがどんどん「スマート化」されている。医療分野でもこの流れは加速しており、ついには「スマートな」手術用縫合糸が登場した。

イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校のJohn Rogers教授らが開発したスマート縫合糸は、ポリマーや絹製の糸に極薄のシリコンセンサーを一体化させたもので、厚みは数百ナノメートル(1ナノメートルは、100万分の1ミリメートル)程度しかない。すでにラットによる動物実験により、普通の縫合糸と同じように針を使って縫えること、縫合してもセンサーの性能に影響がないことがわかっている。

スマート縫合糸に組み込まれたセンサーは、正確に体温を測るために使われる。縫合した傷に異常な体温上昇が感知された場合、感染症が起こっている可能性が高い。

さらに研究チームでは、スマート縫合糸を治療に使うことも検討している。導電性の糸に薬を含むポリマーをコーティング、熱か電気的な信号を糸に流すと、薬が放出されるという仕組みだ。

研究チームが開発した縫合糸には2種類あり、1つはシリコンダイオード、もう1つはプラチナの超薄膜を使っている。前者は温度変化に合わせて電流が変化し、後者は抵抗が変化する。糸に熱を伝えるために使われるのは金のフィラメントで、電流を流すと温度が上がる。

縫合糸に使われている材質はすべて人体には無毒だ。現在のところ、ラットの実験では柔軟性と耐久性の試験のみ行われており、まだ体温測定や加熱機能については試験されていない。現在、研究チームではスマート縫合糸のワイヤレス化も進めているという。

写真:超薄型のシリコンセンサーが組み込まれた、スマート縫合糸。 Photo Credit: John Rogers

(文/山路達也)

記事提供:テレスコープマガジン

?N???G?C?e?B?u?E?R?????Y

すべてのトピックスをみる – livedoor トップページ

関連記事

感染症を防止するスマート縫合糸【サイエンスニュース】
光学24倍ズームレンズ搭載のハイズーム・コンパクトデジカメ! カシオ「EX-H50」を発売
最新の第5世代iPod touchをゲット! 軽くて薄くてオシャレなiPot touchに惚れちゃいます【開封レポート】

(http://news.livedoor.com/article/detail/7034433/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。