体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

SoftBank 4Gに対応した4.9インチ液晶搭載のハイスペックスマートフォン「AQUOS PHONE Xx 203SH」を写真でチェック【レポート】

SoftBank 4Gに対応した4.9インチ液晶搭載のハイスペックスマートフォン「AQUOS PHONE Xx 203SH」を写真でチェック【レポート】


Xx2号機、発進!
既報の通り、ソフトバンクモバイルは9日行われた新商品発表会 「2012 Winter – 2013 Spring」において、「SoftBank 4G」に対応したAndroidスマートフォン「AQUOS PHONE Xx(ダブルエックス) 203SH」(シャープ製)を2013年3月上旬以降に発売することを発表しました。

シャープのソフトバンク向けハイエンド端末「AQUOS PHONE Xx」シリーズの第2弾となる端末で、Android 4.1(開発コート名:JellyBean)を搭載したハイエンドスマートフォンとなります。

この記事では、発表会場においてモックアップ(模型)展示されていた同機を、写真と筆者の解説付きで紹介していきます。

SoftBank 4Gに対応した4.9インチ液晶搭載のハイスペックスマートフォン「AQUOS PHONE Xx 203SH」を写真でチェック【レポート】

正面

SoftBank 4Gに対応した4.9インチ液晶搭載のハイスペックスマートフォン「AQUOS PHONE Xx 203SH」を写真でチェック【レポート】

背面
カラーバリエーションはアーバンブラック、ホワイト、ブルー、レッドの4色です。画面には画面は約4.9インチで、約1677万色表示可能なHD(720×1280ドット)NewモバイルASV液晶を搭載しています。ソフトバンクの今回発表された端末群の中では最大の大きさの画面です。通常本体の側面に配されることが多いボリュームボタンを正面右下にタッチセンサーとして搭載されていることも特徴です。左下には好きな起動が一発起動する「ユーティリティキー」を備えている。これは、「PANTONE 5 107SH」にあるものと同様です。ただし、初期設定でどのような機能を起動するようにしておくかは決まっていないようです。

正面の端部(エッジ)は、初代Xx、「AQUOS PHONE Xx 106SH」と同様のエッジ処理がなされたガラスが採用されており、多くのスマートフォンで見られるフレーム(枠)が存在していない。ただし、処理形状は106SHとも違った風合いになっていて、また別の上質感を感じられます。

タッチパネルは、シャープではおなじみの「ダイレクトトラッキング」を採用していて、指への追従性が高めてあります。現行機でも、その効果は結構てきめんなので、期待できます。

SoftBank 4Gに対応した4.9インチ液晶搭載のハイスペックスマートフォン「AQUOS PHONE Xx 203SH」を写真でチェック【レポート】

左側面

1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。