体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

NTTドコモ、5.5インチディスプレイ搭載Android 4.1スマートフォン「GALAXY Note II SC-02E」を発表!進化したSペンとクアッドコアCPU&デュアルバンドXiで高速レスポンスへ

NTTドコモ、5.5インチディスプレイ搭載Android 4.1スマートフォン「GALAXY Note II SC-02E」を発表!進化したSペンとクアッドコアCPU&デュアルバンドXiで高速レスポンスへ


GALAXY Bote II SC-02Eが正式発表!
NTTドコモは11日、2012年冬に発売する予定の新モデル「2012年冬モデル新商品・新サービス発表会」の発表会を行い、5.5インチHD有機EL(HD Super AMOLED)ディスプレイや2GBメモリー、ワンセグなどを搭載した、Android 4.1(開発コード名:JellyBean)採用スマートフォン「GALAXY Note II SC-02E」(サムスン電子製)を発表しています。2012年11月中旬以降に発売予定。

GALAXY Note II SC-02Eは、今年4月に発売された電磁誘導式のスタイラス「Sペン」による繊細なペン入力が行える大型スマートフォン「GALAXY Note SC-05D」の後継機種で、Sペン機能がさらに使いやすくなっているほか、2GHz帯に加えて、1.5GHz帯にも対応したデュアルバンドのLTE規格による下り最大100Mbpsまで高速化したデータ通信サービス「Xi(クロッシィ)」対応や最大1.6GHz駆動のクアッドコアCPUを搭載したことでさらに高速な動作になったモデルです。

また、前モデルではNFCを搭載していましたが、国内需要から新しくおサイフケータイ(Felica)を搭載しています。

sc02e_02

ディスプレイが前モデルの5.3インチから5.5インチに大型化していますが、狭額縁化と解像度がSVGA(800×1280ドット)からHD(720×1280ドット)に変更され、縦横比が変わったことで横幅が約80.5mmと少しだけ狭くなり、デザインも「GALAXY SIII SC-06D」に近い丸みのあるものとなって持ちやすくなっています。

タッチペン機能としては、まず、Sペンそのものが太くなって、形状が円柱から三角柱になって、長くなったことで、手の大きな人でも持ちやすく、書きやすくなっています。また、Sペンを抜くと、画面に抜いたことが表示されるほか、設定によってSペンを抜くと自動的に特定のアプリを起動することも可能になっています。

さらに、AirViewというSペンを画面に触れる前に近づけただけでナビゲーションが表示されたり、操作できたりする機能が追加されているほか、簡単ジェスチャーでクイックに操作できる「Sペンジェスチャー」も消しゴムが追加されるなど機能が追加されており、ボタンの形状改善で誤動作防止されています。

この他、Sペンのペン先が若干凹むようになっていることも含めて、1024段階の筆圧検知に対応し、感度もアップするなど、さらに紙のノートに描くのに近い感覚でメモなどを取ることができるようになっています。

1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。