体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

SPYAIRのDJ ENZEL☆、12月18日の日本武道館ワンマンをもって脱退

 

SPYAIR(奥の右側がENZEL☆)

 

5人組バンドのSPYAIRより、DJのENZEL☆が12月18日(火)の東京・日本武道館公演〈SPYAIR LIVE at 武道館 2012〉をもって脱退することがあきらかとなった。

2009年よりSPYAIRに参加し、ライヴの際には盛り上げ役としてバンドに貢献してきたENZEL☆。今回のアナウンスに伴って発表されたコメントによると、彼はバンドが急速に成長していくなかで、音楽的な部分をほかのメンバー任せっきりにしてきたことを悩み、この先どうするのかを真剣に考えた結果、自分はバンドの一員としてやっていくことが難しいという結論に至ったという。武道館ライヴを最後にバンドを脱退した後は、自分がほんとうにやりたいことを探しに世界を見て回るとのことだ。

突然のメンバー脱退は非常に残念だが、バンドは「メジャーデビューして、これまでの俺たち5人の軌跡を、武道館で見せたい」と宣言しているので、ファンはぜひ会場に足を運んで5人でのラスト・ライヴを目に焼き付けよう!

 

ENZEL☆ コメント

栄公園での路上ライブ、メジャーデビュー、東京での生活、たくさんのメディアへの出演、初のワンマンツアー! 僕のSPYAIRでの日々はそのどれもが最高に刺激的で充実した毎日でした。
そしてなによりも、たくさんの応援してくれるファンのみんなと触れ合う時間は僕にとってほんとうにかけがえのない時間でした!
思い返すと、本当に多くの人に僕は支えられてきたんだなと、今更ながら実感してます。

路上ライブから始めたSPYAIRがデカくなるスピードは、
僕が思ってるよりもずっと速くて、ついに日本武道館というステージに立てるまでになりました。
そんな中、音楽をメンバーに任せっきりにしてきた自分が、この先どうするのかを真剣に考えた時、自分はバンドの一員としてやっていくことが難しいという結論に至りました。
ワガママとはわかりつつも何度もメンバーやスタッフに話して理解してもらいました。

僕はSPYAIRを脱退します。

脱退後は、自分がほんとうにやりたいことを探しに世界をみてきます!
知らない土地の、知らない街で、知らない人と、今まで以上にもっともっとたくさんの経験をして、自分の意思でこれから先の人生を決めていきたいです!

正直ものすごく怖いし、すぐに帰ってきちゃうかもしれません!
だけど一度だけの人生だし、どこまでいけるか自分を試してみたいと思っています。
今後は、誰よりもSPYAIRを愛するいちばんのファンとして、SPYAIRを応援していきたいと思っています。

ほんとうにありがとうございました!!!!!!!!!
最後の最後まで全力で楽しむぜぇーっと!

2012年10月11日 SPYAIR  ENZEL☆

 

SPYAIR コメント

俺らが“Naked”というシングルを制作してる頃、ENZEL☆の決断を聞きました。音楽に生かされてる俺らが、全てをさらけ出してつくっている音を聞いて、彼もありのままの自分を見せてくれたんだと思う。
ENZEL☆の決断は決して、半端なものじゃないことは何度も話し合った俺たちが一番理解しているつもりだし、その決断を止める権利が俺たちには無いことも分かっている。
俺たちはENZEL☆の考えを尊重して、最高のかたちで送りだしてあげたい。
だから、5人のSPYAIRとして最後の舞台に、俺たちの今までの最大のチャレンジでもある武道館を選んだ。
メジャーデビューして、これまでの俺たち5人の軌跡を、武道館で見せたいと思っている。
皆、是非目に焼き付けて欲しい。

2012年10月11日 SPYAIR  IKE / UZ / MOMIKEN / KENTA

タワーレコードの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会