体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大合唱の嵐! 会場全体が笑顔に包まれたFUN.の初来日ライヴをレポート

 

 

洋楽のホットなニュー・カマーなどを招いてその魅力を生で届ける、タワーレコードとSMASHの共催イヴェント〈NEXT BREAKERS〉。ここでは、その〈vol.3〉として7月21日に東京・渋谷duo MUSIC EXCHANGEで開催したファン.の単独来日公演の模様をレポートします!

 

 

今回登場したファン.は、ネイト・ルイス(ヴォーカル)、ジャック・アントノフ(ギター)、マルチ・プレイヤーのアンドリュー・ドストの3人から成るUS発のバンド。7月に日本盤も登場したセカンド・アルバム『Some Nights』収録のシングル曲“We Are Young”が米ビルボード・チャートで6週連続1位を記録し、UKチャートでも首位を獲得するなど、ブレイク真っ最中のグループです。

 

 

海外での注目度の高さもあってかチケットは即完売となり、幅広い世代のオーディエンスが会場を埋め尽くしたこの日の公演。イケメンのベーシスト、フランク・ザッパばりのヒゲを蓄えたドラマー、ギターやサックス、キーボードとマルチに楽器をこなす美女を含む6人編成でファン.が登場すると、客席は一気にヒートアップ! ホーンの音色が高揚感を煽る1曲目の“One Foot”から、フロアが大きく揺れ出します。

 

 

「コニチワ!」「アリガト!」「FUN. In Japan!」と、ステージからさまざまな言葉を投げかけるネイトは、ダンサブルな“Walking The Dog”ではぴょんぴょんと飛び跳ね、ミドル・テンポの“Why Am I The One”は表情豊かに歌い上げるなど、スター性を感じさせるパフォーマンスと、伸びやかなヴォーカルでオーディエンスを魅了。さらに照れたような笑顔で舌をペロッと出す〈てへぺろ〉な仕草を何度も見せ、フロアにも微笑みが広がります。バンドが奏でるハイブリッドなポップ・サウンドで会場の熱気はますます上昇し、ファンキーな“All Alone”や、ネイトがコーラス部分をオーディエンスにレクチャーした“At Least I’m Not As Sad (As I Used To Be)”で合唱が起こります!

 

 

客席から「かわいい!」という声も飛んだMCでは、ネイトが「日本での初めてのライヴに、とてもエキサイトしている」と語ったほか、メンバー同士で「イイネ!」「ノット・イイネ!」とふざけあい、なぜかアンドリューがガンズ・アンド・ローゼズの“Sweet Child O’Mine”を即興で演奏する一幕も。ネイトは「またすぐ日本に来るよ!」とも発言していましたよ!

 

1 2次のページ
タワーレコードの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会