体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ソフトバンク、2012年冬~2013年春向けに8機種のAndroidスマートフォンを発表

ソフトバンクが昨日10月9日に都内で2012年冬~2013年春向けの新モデルを発表しました。

今回発表されたのは、ソフトバンクモバイル向け9機種、Disney Mobile on SoftBank(ディズニーモバイル)向け2機種の計11機種。

ソフトバンクモバイル向けスマートフォンは全6機種。ほかはフィーチャーフォン2機種、PhotoVision 1機種。スマートフォンについては、全機種が900MHz帯の携帯電話サービス、TD-LTE100%互換のAXGP方式を採用したデータ通信サービス「SoftBank 4G」、12月15日に開始予定のテザリングオプションに対応します。

ソフトバンクモバイル向けスマートフォンを発売日順に紹介していきます。

STREAM 201HW(Huawei製)・・・10月10日発売

SoftBank 4G対応スマートフォン第一号となる機種です。4.3インチqHDの有機ELディスプレイ、Snapdragon S4 MSM8960 1.5GHz、Android 4.0(ICS)を搭載。おサイフケータイ、赤外線通信、ワンセグ、防水・防塵には非対応です。SoftBank 4G対応機種のエントリーモデルといった感じです。詳細はこちら

Motorola RAZAR M 201M(Motorola Movility製)・・・2012年10月下旬発売予定

ソフトバンク初のMotorolaスマートフォン。しかも、海外で最近発売されたばかりの最新モデルです。4.3インチqHDの有機ELディスプレイ、Snapdragon S4 MSM8960 1.5GHz、Android 4.0(ICS)を搭載します。特徴は何と言ってもコンパクトなところです。4.3インチ端末ですが、ディスプレイ周囲の枠が狭く作られており、画面サイズの割に小さくなっています。体感的には4インチ端末並です。RAZR Mは国内ではソフトバンクのみの発売となるそうです。詳細はこちら

PANTONE 6 200SH(シャープ製)・・・2012年12月下旬発売予定

PANTONEスマートフォン2作目となる機種。今回のカラバリは世界最多となる25色。本体は、4.5インチHD液晶とSnapdragon S4 MSM8960 1.5GHzプロセッサ、1,310万画素高性能カメラを搭載するなど画面サイズ・スペックともに大幅にアップしています。前作には付いてた放射線測定機能は今回の機種には搭載されていません。詳細はこちら

HONEY BEE 201K(京セラ製)・・・2013年1月下旬発売予定

1 2次のページ
juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。