体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

防水やワンセグ、赤外線、おサイフケータイに対応!ポップでかわいいSoftBank 4G対応Android 4.1スマートフォン「HONEY BEE 201K」を写真と動画で紹介【レポート】


今度のHONEY BEEはポップでかわいいのにハイスペック!
既報の通り、ソフトバンクモバイルは9日、2012年冬から2013年春にかけて発売する予定の新らしいスマートフォンなどを発表する「新商品発表会 「2012 Winter – 2013 Spring」」を都内で開催し、TD-LTEに完全互換性があるとされる超高速通信規格「AXGP」にによるデータ通信サービス「SoftBank 4G」に対応したAndroidスマートフォン「HONEY BEE 201K」(京セラ製)を2013年1月下旬以降に発売すると発表しています。

HONEY BEE 201Kは、カラフルでポップでキュートな女子中高生に人気の「HONEY BEE」シリーズにおけるスマートフォン第2弾。SoftBank 4GやデュアルコアCPUなどハイスペックになったほか、自分撮り用インカメラにカメラ用ライトが搭載されていたり、大型なストラップ穴「ちょい足しリング」などが新しく搭載されています。

今回は、発表会の展示会場で実際にHONEY BEE 201Kを試すことができたので、写真と動画で紹介します。

02 03

ボディーカラーは、ピンク、ホワイトピンク、オレンジ、グリーン、グロッシーパープルの5色展開。デザインは前モデル「HONEY BEE 101K」と同様に丸みを帯びた形状で、片手で持ちやすいコンパクトボディーを採用。サイズは暫定値ながら、大きさが約57×121×12.9mm、質量が約129gとなっています。

自分撮り用のインカメラに有効約200万画素の高画素カメラだけでなく、インカメラ用ライトも搭載したユーザーニーズに応えています。ディスプレイは3.7インチと前モデルの3.5インチから少し大型化し、ワイドVGA(480×800ドット)TFT液晶(最大1,677万色)を搭載。

HONEY BEE 101Kと同じく画面下には電話やメールなどよく使う機能をすぐ使えるようにハードキーを搭載。ただし、HONEY BEE 101Kとは配置が異なっており、左から通話キー、戻るキー、ホームキー、メニューキー、メールキーとなっています。HONEY BEE 101Kよりは出っ張りがなくなりましたが、押しやすいハードキーで、長押しすると通話キーで連絡帳、メールキーでメール作成が起動します。また、着信やメール受信に連動してキーイルミネーションが光るようになっています。

04 05
1 2 3 4次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。