体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ソフトバンク、下り最大110MbpsのSoftBank 4G対応モバイルWi-Fiルーター「102HW」を10月19日に発売開始

102HW」が10月19日から発売!
ソフトバンクモバイルは10日、TD-LTEに完全互換性があるとされる超高速通信規格「AXGP」によるデータ通信サービス「SoftBank 4G」に対応し、下り最大110Mbpsで利用できるモバイルWi-Fiルーター「ULTRA WiFi 4G SoftBank 102HW」(ファーウェイ製)を2012年10月19日(金)から全国で発売することを発表しています。

また、ULTRA WiFi 4G 102HWの発売に伴い、SoftBank 4G向け料金プランの「4Gデータし放題フラット」(月額料金5,985円)が月額4,410円でずっとご利用いただける110Mbps対応機種向けのキャンペーン「新スマホセット割」を開始するとのことです。なお、4Gデータ通信基本料525円/月がかかります。

ULTRA WiFi 4G 102HWは、次世代ネットワーク「SoftBank 4G」に対応し、史上最速の下り最大110Mbpsの高速通信や、下り最大42Mbpsの「ULTRA SPEED」にも対応したモバイルWi-Fiルーターです。さらに、自動回線切り替え機能によって、公衆無線LAN(ソフトバンクWi-Fiスポット)とも接続可能です。

最大300Mbps(規格値)の無線LAN高速化規格「11n」に対応し、MIMO(Multiple Input Multiple Output)技術を使用して複数のアンテナで送受信を行うことで、大容量のデータを快適にダウンロードすることが可能となっています。

microSDXC対応のカードスロットを搭載し、カード内のファイルをPCやスマートフォンのブラウザを通じて共有するNAS機能に対応。また、スマートフォンのほかPCやゲーム機などさまざまなWi-Fi対応機器を最大10台まで同時に接続可能となっています。

■主な仕様
通信方式AXGP方式、W-CDMA方式サイズ(幅×高さ×厚さ)約66×104.8×15.5mm 重さ 約135g 内蔵バッテリー 約3,000mAh通信速度※1 下り最大110Mbps 上り 最大10Mbps 無線LAN規格 IEEE 802.11 b/g/n準拠[注]
※1ご利用地域によって、最大通信速度は異なります。また、ベストエフォート方式のため、回線の混雑状況や通信環境などにより、通信速度が低下、または通信できなくなる場合があります。※パソコン本体、接続されている周辺機器、使用するアプリケーションなどの利用環境によって、正常に動作しない場合があります。

記事執筆:memn0ck

■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
下り最大110MbpsのモバイルWi-Fiルーター、ついに登場! | ソフトバンクモバイル株式会社
「4Gデータ通信バリューキャンペーン」を開始 | ソフトバンクモバイル株式会社

?N???G?C?e?B?u?E?R?????Y

すべてのトピックスをみる – livedoor トップページ

関連記事

ソフトバンク、下り最大110MbpsのSoftBank 4G対応モバイルWi-Fiルーター「102HW」を10月19日に発売開始
防水やワンセグ、赤外線、おサイフケータイに対応!ポップでかわいいSoftBank 4G対応Android 4.1スマートフォン「HONEY BEE 201K」を写真と動画で紹介【レポート】
激速クアッドコアCPU×自然美麗高画質のSoftBank 4G対応ハイスペック防水スマートフォン「ARROWS A 201F」を写真で紹介【レポート】

(http://news.livedoor.com/article/detail/7031489/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。