体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

下り何と最大110Mbps! ソフトバンクより最速のWiFi対応ルーターが登場!

下り何と最大110Mbps! ソフトバンクより最速のWiFi対応ルーターが登場!

ソフトバンクモバイルは、下りの速度が最大で110Mbpsとなる超高速通信が行える次世代ネットワーク「SoftBank 4G」に対応したモバイルWi-Fiルーター「ULTRA WiFi 4G SoftBank 102HW」(Huawei製)を10月19日より全国で発売する。

SoftBank 4Gとは、Advanced eXtended Global Platform(AXGP)網を利用した高速通信規格で最大通信速度が110Mbps(理論値)となるネットワークだ。今年のサービスイン時点では最大速度が76Mbpsに制限されていたが、今回ULTRA WiFi 4G SoftBank 102HWの発売に併せて最大110Mbpsが解禁されることになる。

また、「ULTRA WiFi 4G 102HW」の発売に伴い「SoftBank 4G」向け料金プランの「4Gデータし放題フラット」(月額料金5,985円)が月額4,410円でずっと利用可能な110Mbps対応機種向けのキャンペーン「新スマホセット割」を発売日より開始する。

新スマホセット割」の概要は、サービス料金が通常5,985円/月となるのが4,410円/月に、そして4Gデータ通信基本料525円/月が無料になるサービスだ。

このサービス適用条件として1回線目に同社のスマートフォン、iPhoneおよびiPadのいずれかを契約し「パケットし放題フラット for 4G LTE/4G」、「パケットし放題フラット」、「パケットし放題フラット for スマートフォン」、「パケットし放題MAX for スマートフォン」、「(iPad専用)データ定額プラン」および「(iPad専用)ベーシックデータ定額プラン」のいずれかに加入していること。

そして2回線目の「ULTRA WiFi 4G」は、新スーパーボーナス用販売価格で購入する必要がある。また、1回線目と2回線目は同一名義での契約でなければならない。

また、速度規制に関しては、キャンペーン価格では5GBまで、通常価格では7GBまで速度無制限だが、それを超えると請求月末まで通信速度を送受信時最大128kbpsに制限される。それを解除するには2GBごとに2,625円を支払うことで事実上無制限になる。通信速度制限の予告/制限に関する連絡はMy SoftBankにてEメールアドレスを登録することでメールによる通知がなされる。

■ULTRA WiFi 4G SoftBank 102HW(Huawei製)のおもな特長

1)「SoftBank 4G」に対応した、超高速の下り最大110MbpsのモバイルWi-Fiルーター

2)下り最大42Mbpsの「ULTRA SPEED」にも対応

3)最大300Mbps(規格値)の高速無線LAN「IEEE802.11n」に対応

4)自動回線切り替え機能で公衆無線LAN(ソフトバンクWi-Fiスポット)とも接続可能

5)microSDXCカードスロット(最大64GB)で簡単にファイル共有できるNAS機能に対応

6)同時接続は10台まで可能

7)約3000mAhの大容量バッテリーを搭載

製品情報
ソフトバンク

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

?N???G?C?e?B?u?E?R?????Y

すべてのトピックスをみる – livedoor トップページ

関連記事

tumblrで自分の興味ある投稿を探し出そう!【知っ得!虎の巻】
パソコンにも液晶保護フィルム タッチ対応で困る周辺機器【デジ通】
販売のエライ人に聞く! VAIOのマーケティング戦略【動画で見る新型VAIO】

(http://news.livedoor.com/article/detail/7031237/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。