体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スクワッター中松

スクワッター中松

今回は壇 俊光さんのブログ『壇弁護士の事務室』からご寄稿いただきました。

スクワッター中松

選挙に勝つために利用したい国会議員との間で、なんたらかんたらな感じの日本維新の会であるが、商標出願するらしい。

で、その日本維新の会であるが、あの、ドクター中松が商標出願しているらしい。

「維新、政党名を商標登録へ ドクター・中松氏が昨年出願」
2012年10月4日 『Yahoo!ニュース』
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121004-00000023-asahi-soci

84. 登録5441113 日本維新党

95. 登録5503113 東京都維新の会

96. 登録5503114 平成維新の会

97. 商標出願2011-090946 日本維新の会

98. 商標出願2011-090947 東京維新の会

100. 商標出願2012-022055 維新の会

参考:特許電子図書館 – 初心者向け検索
http://www2.ipdl.inpit.go.jp/BE0/index.html

で、84番の「雑誌、書籍、新聞」で出願している「日本維新党」と、100番の「しょうちゅう」で出願している「維新の会」以外は、41類「技芸・スポーツ又は知識の教授,セミナーの企画・運営又は開催,教育研修のための施設の提供,電子出版物の提供,書籍の製作,放送番組の制作,教育・文化・娯楽・スポーツ用ビデオの制作(映画・放送番組・広告用のものを除く。)」

でドクター中松の出願であった。

しかも、「東京都維新の会」と「平成維新の会」は、すでに登録されているようである。

ドクター中松の出願の意図はいかなるものであろうか?商標スクワッターは、中国では多いが、ドクター中松ともあろう方が、そんな姑息なことはしまい。

もしや、維新の会に参画の手みやげか?それとも、政敵の政治活動を妨害し、念願の初当選を目指すための布石か?

(ヾノ・∀・`)ナイナイ

執筆: この記事は壇 俊光さんのブログ『壇弁護士の事務室』からご寄稿いただきました。

寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。