体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

調書修正の巡査部長不起訴

調書修正の巡査部長不起訴

今回は壇 俊光さんのブログ『壇弁護士の事務室』からご寄稿いただきました。

調書修正の巡査部長不起訴

「調書修正の巡査部長不起訴 大阪地検堺支部」2012年10月05日『47NEWS』
http://www.47news.jp/CN/201210/CN2012100501001764.html

特殊なインクで文字が消せるペンを使い調書を作成し、署名後書き換えたとして、虚偽有印公文書作成・同行使の疑いで書類送検された大阪府警北堺署の男性巡査部長(38)について、大阪地検堺支部は5日までに、「故意を立証できない」として嫌疑不十分で不起訴処分とした。

大阪地検は、恫喝したお巡りさんを無理矢理罰金にしようとしたり、証拠品の木刀をすり替えたお巡りさんを無理矢理罰金にしようとしたり、全身全霊を込めてお巡りさんをかばい続けてきたが、今度はこの事案で、不起訴である。

右手が勝手に動いて修正した可能性があるとでも言うのか?私が事件の詳細を知っているわけではないが、理不尽さは否めない。

今度は、森の小人さんが勝手にやった可能性があるとか言いだすのだろうか?

それも絶対に無いとは言い切れない程のゲスっぷりである。

執筆: この記事は壇 俊光さんのブログ『壇弁護士の事務室』からご寄稿いただきました。

寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。