体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ドラマチックな一目惚れの恋に潜む意外な落とし穴って?

121010love.jpg

出会ってすぐに、お互いに惹かれ、恋しいと思うようになる「一目惚れ」
多くの小説や映画でも描かれてきましたが、現実世界では、なかなかハッピーエンドとはいきません。
今回は「一目惚れ男子にありがちな3つの心理的落とし穴」について解説します。
 

落とし穴1.自分以外の人も好きになりやすい

私たちは好みの異性と出会うと、五感からの刺激が脳に伝わり、情報処理され、恋愛特有のホルモンが分泌、多幸感が湧き「恋している!」と自覚します。一目惚れをしやすい男性というのは、この流れがブレーキなく即座に起こりやすい人。あなただけにではなく、ほかの女性にも一目惚れしやすいので、交際中、あなたにこれといった落ち度がなくても、「ごめん、ほかに好きな人ができたから」という理由でフラれるリスクが大きいのです。

落とし穴2.思い込みが激しい

一目惚れしやすい人というのは、一瞬の感覚で決断をするのが好きなので、「思い込みが激しい」傾向があります。「これ、好きだよね!」と、勝手に想像した好みを押し付けてくるケースや、「本当の君はこうだよね」と勝手に描いたイメージを押し付けてくるケースなど、思い込みの強さからの言葉や行動が、とんだ迷惑に発展しやすいのです。

落とし穴3.冷めたときの落差が大きい

一目惚れしてからしばらくはあなたの良い面ばかりを過大評価し、夢中になってくれますが、しばらくして気持ちが落ち着いてくると、ちょっとした欠点に気づき、スーッと気持ちが離れてしまうというケースがよくあります。その際、それまで過大評価してくれていた長所もつられてマイナスに転じてしまうこともよく起こります。たとえば「明るく楽しい」という長所が「誰にでもいい顔する女」と思われてしまうなど……。まさに熱しやすく冷めやすく、その落差が大きいのです。
「一目惚れ」はドラマチックで楽しいですが、上記のように起こりがちな「落とし穴」があります。あらかじめ心にとめておけば、ハッピーエンドを迎えられる可能性もアップしますよ♪
photo by Thinkstock/Getty Images
(恋愛心理カウンセラー/晴香葉子)



(マイスピ)記事関連リンク

グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。