体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

七美になりきりコーデがかわいい!ファッション誌『mini』で『僕等がいた』とのスペシャルコラボが実現

『僕等がいた』×『mini』コラボ

カジュアルでベーシックなスタイルが学生をはじめとした幅広い層に支持を集めている女性ファッション誌『mini』(宝島社)。最新号の2012年11月号は、表紙に宮崎あおいが登場しているのをはじめ、掘北真希や相武紗季、HKT48の指原莉乃ら芸能人を多数登場している上、ジュエティのネコきんちゃくが特別付録として付いているのでお買い得かつ読み応えがあったのですが、『オタ女』としては少女マンガ『僕等がいた』とのスペシャルコラボにフォーカスします。

『僕等がいた』といえば少女コミック誌『ベツコミ』(小学館)で2002年から10年に渡って連載され、単行本の累計発行部数が1200万部を超える大ヒット作品。北海道を舞台にした、七美と矢野の7年にも及ぶ恋の行方が読者を釘付けにしました。また、2012年春に吉高由里子と生田斗真が主演で実写映画化されたのも記憶に新しいところ。『mini』のアンケートでも好きな少女マンガ第一位になったことで、コラボが実現することになりました。

まず、作者の小畑友紀さんによる、”モテボーイッシュ”なイメージガールの描き下ろしが登場。Tシャツにニットカーディガン+デニムショートパンツというフレッシュなスタイルの女の子は、小ぶりなショルダーバッグを下げているところもポイントです。

そして、そのイメージガールと、ほとんど同じコーディネートを再現。179/WG、jouetieといった『mini』おなじみのブランドから選ばれた3点のアイテムはメルマガを対象として10名にプレゼントされます。

まねっこコーデ

また、七美をはじめとする『僕等がいた』のキャラクターが作中で着ていたコーデを、リアルにまねっこした7daysスタイルも誌面を飾っています。1日目の鎖骨見せプリントTシャツや、3日目の花柄ブラウス、5日目のチェックシャツ+白ショートパンツや6日目の古着風のスウェットトップスなどは、小畑さんが描くコマから飛び出したよう! どれも等身大の飾らないナチュラル感でいながらおしゃれで、女子っぽさを強調した着こなしといえるでしょう。

出版社を超えたコラボは、2012年11月1日発売の12月号でも引き続きプレゼントを実施するとのこと。マンガや映画に感動したという人はもちろん、お洋服好き女子にとっても見逃せない企画といえるでしょう。

ボーイッシュがおしゃれ!20代のリアルファッション誌「mini」
http://tkj.jp/mini/2012Nov/

ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy