体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ソフトバンク、SoftBank 4G対応Androidスマートフォン6機種を含む10機種を発表!ディズニー・モバイル向けスマホ2機種も発表


ソフトバンクが新機種発表会を開催!
ソフトバンクモバイルは9日、2012年冬から2013年春にかけて発売する予定の新らしいスマートフォンなどを発表する「新商品発表会 「2012 Winter – 2013 Spring」」を開催し、現在、リアルタイム動画配信サイト「Ustream」などにてライブ配信をしています。また、Twitterアカウント「@SoftBank」やFacebookアカウント「SoftBank」でも詳細をつぶやいていたり、投稿したりしているようですので、ご確認ください。

今回発表された機種は、ソフトバンク向けのスマートフォンがすべてSoftBank 4Gに対応した「AQUOS PHONE Xx 203SH」「ARROWS A 201F」「STREAM 201HW」「RAZR M 201M」「HONEY BEE 201K」「PANTONE 6 200SH」の6機種、ケータイが「PANTONE WATERPROOF 202SH」「PANTONE WATERPROOF 202SH for Biz」の2機種、デジタルフォトフレームが「PhotoVision TV 202HW」の1機種、スティック型セットトップボックス「Smart TV」の1機種と合計10機種。

ディズニー・モバイル・オン・ソフトバンク向けのスマートフォンがSoftBank 4Gに対応した「DM014SH」と対応していない「DM013SH」の2機種。

今回は、特に前回の発表会で900MHz帯におけるプラチナバンドに全機種対応ということで、ネットワークのつながりやすさを強調していましたが、今回は、ワイヤレスシティプランニングがネットワークを構築している超高速通信規格「AXGP」によるサービス「SoftBank 4G」にソフトバンク向けスマートフォンは全機種対応ということで、ネットワークのつながりやすさに続いて、高速通信による快適性をアピールしていました。

また、SoftBank 4G対応スマートフォンは全機種テザリングに対応し、先行して発表されている「iPhone 5」のテザリングオプションと同じく、2012年12月15日から開始されるということです。

さらに、Yahoo! JAPANとの提携やavexとの音楽配信サービス「UULA」、スマテレなどのコンテンツ関連の新しい取り組みも発表されています。

1 2 3 4 5 6次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。