体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

工場見学+ミュージアムの新スポット「グリコピア・イースト」 ポッキー・プリッツの製造過程を目撃!

企業の工場にレジャーとして訪れたり、TVで商品の製造過程をレポートしたり、“工場見学ブーム”が続いています。いつも手にする商品がどうやって作られているか見れるのはもちろん、その場で出来たてのお菓子を食べられたりするのも楽しいですよね。

工場と企業ミュージアムが合体した「グリコピア」。1988年に神戸で誕生して以来、多くの人々に愛されてきた新しい工場見学施設が10月8日、埼玉県北本市に「グリコピア・イースト」としてオープン。前日7日にはオープニングイベントが開催され、グリコのCMに出演する女優の綾瀬はるかさんが登場しました。

「グリコピア・イースト」は、ポッキーやプリッツの製造工程を近くで見れるだけではなく、グリコの歴史やおもちゃの展示を通してお菓子の知識を知ることが出来る施設。「ミニファクトリー」ではポッキーをチョコペンなどで飾る“デコポッキー”作りを楽しむことが出来ます(有料)。

オープニングセレモニーには、地元・北本市の小学生も招待され、綾瀬さんも“グリコポーズ”を披露するなど大盛り上がり。

施設内には、今まで発売された「グリコのおまけ」が1,500点並ぶ「ミュージアムゾーン」や「カンパニーゾーン」、「ライブラリーゾーン」が。レトロな「グリコの自販機」はかつて本当に街中に設置されていたものを再現。

お手洗いの標識までグリコポーズ!

「ポッキーストリート」「プリッツストリート」では原料の混合から、仕上げ・包装までの生産ラインの一部を見学することが出来ます。

びよーんと長~く伸びた生地がこんがりと焼かれ、プリッツサイズにカットされていく様子など、ここでしか見ることの出来ない興奮に、大人でも大興奮です。ゆっくり歩いて工場ラインを見学しながら、壁につけられたモニターには、お菓子作りの工程に関する知識を教えてくれる映像が流れているので注目です。

施設外に隣接されたショップでは、グリコのアンテナショップ「ぐりこ・や」限定商品など、グリコ商品がズラリ。たっぷり工場見学を楽しんだ後は、ご家族やお友達におみやげを購入することも。

「グリコピア・イースト」は、入館料無料で予約制。公式サイトのフォームから予約出来るので気になる方はぜひお出かけしてみてくださいね。

グリコってお菓子の印象が強いですが、カレールーや、朝食りんごヨーグルト、カフェオーレなど毎日色々とお世話になっているなあと改めて思いました。「パリッと朝食ウインナー」という商品が個人的にすごく好きなのですが、こちらもグリコ製! これからも様々な商品が登場することが楽しみです。

グリコピア・イースト
http://www.glico.co.jp/glicopia/east/

藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。