体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ソフトバンク、下り最大76MbpsのSoftBank 4G対応スマートフォン第1弾「STREAM 201HW」を発表!明日10月10日発売

ソフトバンク、下り最大76MbpsのSoftBank 4G対応スマートフォン第1弾「STREAM 201HW」を発表!明日10月10日発売


SoftBank 4G対応スマホ第1弾「STREAM 201HW」を発表!
ソフトバンクモバイルは9日、2012年冬から2013年春にかけて発売する予定の新らしいスマートフォンなどを発表する「新商品発表会 「2012 Winter – 2013 Spring」」を開催し、TD-LTEに完全互換性があるとされる超高速通信規格「AXGP」にによるデータ通信サービス「SoftBank 4G」に対応したAndroidスマートフォン「STREAM 201HW」(ファーウェイ製)を発表しています。

SoftBank 4G対応スマートフォンの第1弾モデルとして、明日、2012年10月10日(水)に発売開始されます。

02

STREAM 201HWは、Android 4.0(開発コート名:IceCream Sandwich;ICS)を搭載したスマートフォンです。SoftBank 4G以外にも、今年7月に開始された900MHz帯による「プラチナバンド」にも対応しています。

また、ファーウェイのスマートフォンの特徴でもある電源オフの状態からも5秒で起動する電源起動最速やカメラ起動1秒、画面に触れると素早く反応する「高感度タッチパネル」といった高速動作にこだわった機能に対応。また、1.8秒で10枚の撮影が可能な「高速連写機能」、裏面照射型CMOSセンサー、ノイズ除去技術などを搭載した約800万画素の高機能カメラを搭載。1,930mAhの大容量バッテリーと省電力技術も搭載。

さらに、複数のアンテナで電波を受信する「ダイバーシティアンテナ」やネットワークをすばやく検出する独自技術「ダイナミック シグナル コントロール」によって電車や車移動など電波が不安定でもすぐにつながる状態になり、余計なバッテリーの消費も軽減するとのこと。

ディスプレイは4.3インチQHD(960×540ドット)Super AMOLEDディスプレーを搭載し、明るい野外でも写真や動画を色鮮やかな大画面で利用可能。また、日本語入力インターフェイス「FSKAREN(エフエスカレン)」を搭載しており、少ないキー操作で文字入力ができる「ワンタッチ変換」や「AI予測変換」など、文字入力をサポートする数多くの機能を搭載し、スムーズで素早い文字入力を実現しています。

その他、DLNAやluetooth、世界対応ケータイ、GPS、緊急速報メールなど基本機能にも対応しています。ボディーカラーはフレイムブラックおよびライトニングブラックの2色展開。流線型ボディーで持ちやすく、サイズも大きさが約65×133×9.9mm、質量が131gとスリムでコンパクトとなっています。

03
1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy