体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ソフトバンク、Android4.1搭載SoftBank4G対応のスマートフォン「RAZR M SoftBank 201M」を発表!4.3インチ有機ELディスプレイ、1.5GHzデュアルコアCPU搭載

ソフトバンク、SoftBank 4G対応のスマートフォン「RAZR M SoftBank 201M」を発表!4.3インチ有機ELディスプレイ、1.5GHzデュアルコアCPUなど搭載



ソフトバンクモバイルは9日、2012年冬から2013年春にかけて発売する予定の新らしいスマートフォンなどを発表する「新商品発表会 「2012 Winter – 2013 Spring」」を開催し、TD-LTEに完全互換性があるとされる超高速通信規格「AXGP」によるデータ通信サービス「SoftBank 4G」に対応したAndroidスマートフォン「RAZR M SoftBank 201M」(Motorola製)を発表しています。

RAZR M 201Mは、下り最大76MbpsのSoftBank 4Gに対応し、1.5GHzデュアルコアCPU、Android 4.0(開発コート名:IceCream Sandwich;ICS)を搭載しています。発売時期は2012年10月下旬以降。なお、発売後にAndroid 4.1(開発コート名:JellyBean)にOSバージョンアップ予定となっています。

18 11

■主な特長
4.3インチ有機ELディスプレーを搭載した、スリムでコンパクトなスマートフォン
ディスプレイに4.3インチの有機ELを採用しており、ソフトバンクモバイル初となるMotorola製のAndroid搭載スマートフォンです。

狭額縁設計によって4.3インチのディスプレイを搭載しながら、薄さ8.3mm、幅61mmの手のひらに収まるコンパクトな本体サイズを実現。また、画面には強固で傷つきにくい「Gorilla glass 2」を採用しています。さらに、本体背面には、軽量でありながらも同じ質量の鋼鉄の5倍の強度を持つ米国デュポン社のKEVLAR(ケブラー)ファイバーが使用されています。

1.5GHzデュアルコアCPUを搭載。「SoftBank 4G」に対応し、下り最大76Mbpsの高速通信が可能
高速処理可能な1.5GHzのデュアルコアCPU「MSM8960」を搭載。動画のストリーミング視聴や情報量の多いウェブサイトの閲覧、複数のアプリケーションを同時に実行する操作など、さまざまな動作を快適に行えます。また、下り最大76Mbpsの高速通信が可能な「SoftBank 4G」に対応し、高画質な動画でもスムーズに視聴可能です。

ホーム画面が1ページのみのシンプルで使いやすいユーザーインターフェース
ホーム画面を1ページのみのシンプルな構成にした、使いやすいユーザーインターフェースを採用しています。設定画面に素早くアクセスできる「クイック設定画面」、時計や天気の確認だけでなく不在着信やアラームへの導線も兼ねた「サークルウィジェット」によって、シンプルでありがなら効率的で使いやすいホーム画面になっています。

1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。