体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ソフトバンク、クアッドコアCPU・Android 4.1搭載スマートフォン『AQUOS PHONE Xx 203SH』を発表

ソフトバンクは10月9日、SoftBankスマートフォンの2013年春モデルとして、シャープ製『AQUOS PHONE Xx 203SH』を発表しました。発売時期は2013年3月上旬以降。

『AQUOS PHONE Xx 203SH』は、4.9インチ1280×720ピクセルのS-CGSilicon液晶と、Qualcommのクアッドコアプロセッサ『Snapdragon S4 APQ8064』を搭載した大型・ハイスペックモデル。今年7月に開始された900MHz帯の電波を使った携帯サービスに対応するほか、AXGP方式のデータ通信サービス『SoftBank 4G』にも対応。下り最大76Mbpsのデータ通信が利用できます。OSはAndroid 4.1(Jelly Bean)。国内定番機能としては、『おサイフケータイ』、ワンセグ、赤外線通信、防水・防じんに対応するほか、NFCにも対応します。カラーはアーバンブラック、ホワイト、ブルー、レッドの4色。

『AQUOS PHONE Xx 203SH』のスペック
OS:Android 4.1(Jelly Bean)
サイズ:未定
ディスプレー:4.9インチ、解像度1280×720(HD)、Super CGSilicon液晶、1677万色
チップセット:Qualcomm Snapdragon S4 APQ8064 1.5GHz(クアッドコア)
GPU:Adreno 320
メモリ:RAM 1GB、内蔵ストレージ 32GB
外部メモリ:microSD/microSDHC/microSDXC(最大容量は未定)
リアカメラ:1630万画素裏面照射型CMOS、AF、光学手ブレ補正、フラッシュ付き、1080pフルHD動画撮影対応
フロントカメラ:120万画素CMOS
対応周波数:GSM(900/1800/1900MHz)、WCDMA(900/1500/2100MHz)、AXGP 2,500MHz
パケット通信:ULTRA SPEED(下り最大42Mbps/上り最大5.76Mbps)、SoftBank 4G 下り最大76Mbps
通信機能:Wi-Fi a/b/g/n、Bluetooth v4.0、DLNA(DTCP-IP対応)、FeliCa、NFC、赤外線通信
外部端子類:-
センサー類:-
バッテリー :2200mAh
連続待受時間:未定
連続通話時間:未定
おサイフケータイ:○
ワンセグ:○
赤外線通信:○
世界対応ケータイ:○
防水・防じん:○(IPX5/IPX7相当の防水、IP5X相当の防塵)
S!メール:○
デコレメール:○
ULTRA SPEED:○(下り最大42Mbps)
SoftBank 4G:○(下り最大76Mbps)
SoftBank 4G LTE:×
緊急速報メール:○
Dolby Mobile v3対応
Source : ソフトバンク



(juggly.cn)記事関連リンク
Google、Google TV向けGoogle Playストアのコンテンツを拡大、映画やテレビ番組、音楽が購入・レンタルが可能に
Motorola、XOOM 2 Wi-Fi / XOOM 2 Media Edition Wi-FiのAndroid 4.0アップデートを開始
「Motorola RAZR i (XT890)」開封の儀

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。