体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

データ修正だけじゃ改善できない! iOS 6の地図アプリは根本的な修正が必要だ【デジ通】

データ修正だけじゃ改善できない! iOS 6の地図アプリは根本的な修正が必要だ【デジ通】


いったいここはどこなんだ??

iPhone 5には最初からインストールされているiOS 6。iPhone 4/4Sユーザでも新しくアップデートしてしまったと言う人は多い。そのiOS 6に含まれているアップル製の地図アプリのあまりの完成度の低さが問題になり、アップルのCEOが謝罪するまでになっている。

アップルの製品やサービスでは今回のような問題がたまに発生し、アップデートを繰り返すことで対応するが、今回の地図は根本的な課題が多く、ちょこちょことした簡単な修正で解決する問題でない。

単に地域名などのデータが間違っているくらいなら、データを修正するだけなので人海戦術で作業すれば短期間になんとかなるが、本当に使いやすい地図にするには、さらなる時間がかかりそうだ。

iOS 6の地図アプリ問題では、駅名や地名などが間違っていたり、検索すると全く違うところが表示されたりすることが話題になった。これくらいの単なる間違いならまだいいほうで、地図自体が日本に合わせた物にはなっておらず、短期間で根本的に解決することは難しいだろう。

データ修正だけじゃ改善できない! iOS 6の地図アプリは根本的な修正が必要だ【デジ通】単なる住宅地でも3Dビューでみると、実際の場所を飛んでいるようにも感じる

iOS 6の地図は、車移動が基本のアメリカなどに合わせた物だ。アメリカの都市を見ると、ベクトルベースの地図は使いやすいし、建物などの3Dモデル化は車まで立体化に対応しており、実際の場所を飛んでいるような感覚になりすばらしい。

アメリカの地図でも日本と同様一部の施設名が表示されなかったりするが、このあたりはデータの追加で比較的簡単に修正できるだろう。しかし、日本地図で使いやすいモノにするにはまだ時間がかかるだろう。

データ修正だけじゃ改善できない! iOS 6の地図アプリは根本的な修正が必要だ【デジ通】上がiOSの地図、下がGoogleの地図。iOSはGoogleに比べると道路の幅が同じだったり、建物の再現度も低く、施設名も表示されていない

日本では車移動ではなく電車移動する人が多いという違いがあり、現在のiOS 6のアメリカ的な道路が基準の日本地図では、線路がどこにあるのかもよくわからないし、大きめの駅だと入り口がどこにあるのかさえもわからない状態になっている。

道案内自体は使えるが、間違った周囲が表示されることもある。その場所を知っていれば間違っていることがわかるので自分側が修正すればいいが、その土地をよく知らない状態で、例えば碁盤の目のようになっている京都旅行などで使ったら、iPhone 5を的として置いて、遠くからぶっ壊すための手裏剣を東映映画村で買いたくなるくらいのヒドさだ(iPhone 5なら十手がいいという話も……)。

冗談はさておきアメリカの地図では基本的にほとんどすべての道路には名前がついているが、日本では国道などはともかく、それ以外の生活道路には統一された名称がないことがほとんどだ。うちの近所には、文化通りなんて洒落た名前が付いていたりするが、住民がそれを知らないので全く意味はない。

住所などの考え方も国や地域でそれぞれ異なる部分であり、アメリカと同じような地図エンジンが、全世界で通用するわけがない。

iOS 6をリリースしている総本山のアップルが提供する地図アプリは、OSの機能にインテグレートされたものだ。地図アプリが使いにくければ、そのプラットフォーム全体の使い勝手にも響いてくる。

単にデータを修正するだけではなく、地図自体を各地域ごとに最適化する必要があり、短期間で使いやすいものに修正するのは難しいだろう。このアプリをiOS 6に搭載するのは潔くあきらめ次バージョンへの搭載を目指すため開発をやり直し、現状ではユーザーの使い勝手を考えてGoogle MAPのライセンス契約を再度結ぶなどしたほうがユーザーも幸せになれると思うのだが、どうだろう。

1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。