体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ニコ動の人気「リア住」蝉丸Pさんに著書『つれづれ仏教講座』の話を聞いてきた

ニコ動の人気「リア住」蝉丸Pさんに著書『つれづれ仏教講座』の話を聞いてきた

6月、あの痛快な語り口もそのままに『蝉丸Pのつれづれ仏教講座』(エンターブレイン)として書籍化されました。初版発売後すぐに増刷がかかりすでに2万部が発行されています。やっと四国を再訪する機会をつかまえて、遅ればせながらの新刊著者インタビューをさせていただきました。

サブカルの皮をかぶった仏教書
――『蝉丸Pのつれづれ仏教講座』は400ページを超えるボリュームで。読めば仏教の流れを押さえられるようになっていますね。
「仏教の」と大上段に構えてやったわけでもないんですね。「この話をするならこの話もしないといけないなあ」と、生放送でやっているのと同じように書いたわけです。

――そうですね。『ニコ動』や『ニコ生』で話されたことがテキストになっていたり、誰かの質問に応えるかたちで書いていたり。
そうそう。聴かれたことに答えたものをまとめたらあんな感じになったんです。ホントは、三章の「もっと『仏教』が知りたい」というインド仏教編を1章にする予定だったのですが、編集者さんに「これが入り口だとハードルが高すぎます」と。編集者さんに言われたんはそこだけでした。

――反響はどうでしたか?

編集部にはがきが来たり、『Twitter』でリプライが飛んできたり。もともと本を買ってくれる人は動画や放送など視聴者の人が多いから、好意的な感想が多いので今のところ酷評とまではいかないです。「ニコニコでやっているふざけた話がずっと続くのかと思っていたら、中身はガッチリ仏教書だった!」という反応が多いですね。「サブカルの皮をかぶった仏教書」だそうで。完全にしゃべり言葉で書いていますから、「思ったよりすらすら読める」とも言われますが、かえって読みにくいとも言われます(笑)

――以前、『坊主めくり』インタビューで、「仏教に興味を持つ人の案内板的なところを目指している」と言われていましたが、まさにそういう内容になっていますね。
そうですね。入り口的なというか、仏教を知りたい人に対する道筋をつけられたというか。この本の本編は巻末の仏教書レビューと参考文献だと思っているので、そことゲストさんのマンガ作品以外の400ページはぜんぶオマケみたいなもんです(笑)。

――400ページおまけって(笑)。ネットでは人気が視聴者数や動画再生数でハッキリ出るけれど、本というモノで売れたときの実感は違っていましたか?
「違うのかな?」と思っていましたけれど、ここ最近はキレイさっぱり忘れていますね。「エンターブレインの金で同人誌を出させて貰ったような物ですから、これで赤字だったら申し訳ない」というのは、初版を売り切って増刷がかかった時点でなくなって。編集さんの経歴に傷をつけずに済んだかなと。

――クールですね! やっぱり出版直後になんとかして話を聴けばよかった……。
うーん、直後でも「いやあ、手を離れてるし」って言ってたかもしれない。盛り上がるのは校了前くらいのもんです。

仏教書なのに「アニメイト」に並ぶ快挙!?
――今、書店ではどの棚に置かれることが多いですか?

主に仏教書、話題の新刊、サブカル、マンガ(笑)。最初から「アニメイト」「虎のあな」「ゲーマーズ」「メロンブックス」さんなど、「ふだんは絶対に仏教書なんて置かないところに特典ペーパー付けて置きましょう誰もやってないから!」と言っていて。それができたのはやっぱりエンターブレインさんだったからですね。

――いまだかつてない仏教書の表紙ですね。田丸浩史さんのイラストは蝉丸Pさんの希望ですか?
はい。表紙の話が出たときに、「もう、田丸さん一択で!」と。その筋の人には非常に訴求力のある人で、自分自身も非常にファンだったので。

――ゲストとして参加されたマンガ家さんたちも豪華でしたね。マンガのネタはそれぞれのマンガ家さんが考えてくださったんですか?

みなさん、生放送を見ていてくれたりするので、そこからネタを考えて描いてくれたみたいです。

――近ごろのネット檀家(『ニコ生』にある蝉丸Pさんのファンコミュニティ)の年齢層ってどんな感じなんですか?
『ニコ生』でも最高年齢層を誇るんじゃないかと思います。20代後半から30代中盤がメインですから。「おっさんホイホイ」なんて言われているくらいです。一番上は70代、50代、下は17、8歳くらいから。でもメインは30代ですね。

――そう言えば、「僧職系男子」「僧職男子」って一般用語になりましたが、初出は蝉丸Pさんにつけられたタグでしたよね。

そうそう。「僧職系男子」ね。近ごろは「僧職男子」と短縮されて使われるようになっちゃって、使えるネタがひとつ減りましたね(笑)。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会