体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【“薄さ”だけではなく“振動”にもこだわり!NTTドコモ向け世界最軽量249gの7インチタブレット「MEDIAS TAB UL N-08D」特集】


MEDIAS TAB UL N-08D 特集!
NTTドコモから発売となった「2012年秋発売モデル」の薄さ7.8mmで世界最軽量249gをうたうスリム&ライトな7インチタブレット「MEDIAS TAB UL N-08D」(NEC製)。

薄くて軽いだけではなく、Android 4.0(開発コード名:IceCream Sandwich;ICS)を採用し、QUALCOMM製の「Snapdragon S4」を内藤した1.5GHzデュアルコアCPUや16GBストレージ、1GBメモリー(RAM)を搭載し、高速データ通信サービス「Xi(クロッシィ)」やワンセグといった機能に対応しています。また、HDハプティクス技術に象徴される「驚きのインターフェース」によってよりリアリティのある直感的な操作感を実現しています。

そんなMEDIAS TAB UL N-08Dについて、当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」で、取り上げてきたニュースやレポートを一気に紹介します!

NTTドコモ、Xi対応「MEDIAS TAB UL N-08D」を発表!薄さ7.9mmで世界最軽量249gの7インチタブレット
【“薄さ”だけではなく“振動”にもこだわり!NTTドコモ向け世界最軽量249gの7インチタブレット「MEDIAS TAB UL N-08D」特集】NTTドコモは28日、今年9月以降に発売予定の「2012年秋モデル」を発表し、最新技術のカーボンファイバーボディによって7インチサイズでコミック1冊分の約249gおよび薄さ7.9mmという世界最軽量タブレット「MEDIAS TAB UL N-08D」(NEC製)を発売すると発表しています。発売時期は2012年9~10月を予定。MEDIAS TAB UL N-08DはAndroid 4.0(開発コード名:IceCream Sandwich;ICS)を採用し、1.5GHzデュアルコアCPUや16GBストレージ、1GBメモリー(RAM)を搭載し、高速データ通信サービス「Xi(クロッシィ)」やワンセグといった機能に対応しています。

タブレットの常識を覆す超軽量249gを実現!Xi、ワンセグにも対応した「MEDIAS TAB UL N-08D」を写真と動画でチェック【レポート】
【“薄さ”だけではなく“振動”にもこだわり!NTTドコモ向け世界最軽量249gの7インチタブレット「MEDIAS TAB UL N-08D」特集】既報の通り、28日にNTTドコモが発表した「2012年秋モデル」の2機種のタブレット端末のうち、NEC製の「MEDIAS TAB UL N-08D」(以下、N-08D)が、東京有楽町をはじめとする全国のスマートフォンラウンジで先行展示されています。N-08Dは、7インチディスプレイを搭載するタブレット端末で1.5GHz デュアルコアCPU(MSM8960)を搭載、Android 4.0(開発コード名:IceCream Sandwich;ICS )、16GBのストレージ、1GBのRAM、3100mAhのバッテリなど搭載しており、最大の特長は重量が約249gという超軽量ボディという点。厚みも最薄部が約7.9mmと片手で扱えるサイズ感だ。外観デザインも「MEDIAS ES N-05D」や「MEDIAS X N-07D」を髣髴とさせる角を丸くしたデザインとなっており、スマートフォンのMEDIASがそのまま大きくなったような印象を受ける。今回は、開発機である展示機を写真と動画で紹介する。

1 2 3 4次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。