体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Sense 4+ベースのHTC One X用Jelly Bean ROMが公開

XDAで「Android 4.1.1(Jelly Bean)」+「Sense 4+」という構成のHTC One X用カスタムROM「maXimus ROM」が公開されました。このROMの作成者はXDA名Football氏。最新のmaXimus ROM v4.1は、流出したHTC One X+用の公式ROMがベースとなっていますが、その前のv4.0は、HTC One X用の公式ROM(3.09.401.100)がベースとなっていました。OSバージョンはAndroid 4.1.1(Jelly Bean)。Senseバージョンは「4+」。カーネルは2.6.39から3.1.10に変更。ベースバンドファームも新しくなっています。また、PlayStation Certifiedにも対応します。

ホームアプリでは、ホーム画面が無限ループするようになり、利用できるSenseテーマも増えています。ギャラリーアプリはサードパーティーの画像・オンラインストレージ系アプリをサポートしています。USBホストにも対応します(USBメモリやSDカードリーダーが利用可能)。

 ドロワーでは、アプリのソート、共有、非表示設定ができるようになっています。「設定」からBeats AudioのON/OFF、HTC MediaLink HDの設定画面に直接アクセスすることもできるようになっています。「設定」の「アプリケーション」のデザインは新しくなりました。

簡単セットアップの「ウェブセットアップ」機能が追加されました。Sense 4では提供されてなかった「省エネ(Power saver)」機能が追加されました。「省エネ」機能では、CPUクロックやディスプレイ輝度を下げたり、タッチバイブやモバイルデータのOFF操作が一括でできるようになっています。

 Source : XDA(1)(2



(juggly.cn)記事関連リンク
香港の1shopmobile.comでXpeira TX LT29iが発売開始
Motorola Droid RAZR Mのホームアプリやサークルウィジェットが他のICS・Jelly Bean端末で利用可能
初のXperia T向けカスタムROMが公開

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会