体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

突然キスして恋が芽生えるのはイケメン限定ですよね 少女漫画原作アニメ『好きっていいなよ。』[7.2/10点]

好きっていいなよ。

秋アニメクロスレビュー『好きっていいなよ。』

原作/葉月かなえ・講談社
アニメーション制作/ゼクシズ
監督/佐藤卓哉
声優/茅野愛衣、櫻井孝宏、種田梨沙ほか
10月6日よりスタート
TOKYO MX 毎週 深夜25時00分~
公式サイト:http://www.mxtv.co.jp/sukinayo/[リンク]

『ガジェット通信』秋アニメクロスレビュー 記事一覧はこちら

総合得点 平均

7.2/10点(レビュアー5名)

ジョージ・レック のレビュー

演出 6
脚本 7
作画 7
OP / ED 6
少女漫画度 8
-----
総合 7

それにしても今季は突然キスするアニメが多い。流行?
過去のトラウマにより人間不審に陥り、16年間友達も作らずに孤独に過ごす主人公。ひょんなことから学園一のイケメンに気に入られ、なんやかんやでキスされ、眼中になかったそいつに惚れてしまうという、なんとも少女漫画らしい第1話。
おそらくこのイケメンは主人公のトラウマを優しく包み込んで克服していくのでしょう。そして彼自身も普通の女の子とはちょっと違う彼女にますます惚れ込んでいくのでしょう。時には誤解とすれ違いが2人を襲うのでしょう。そしてそれがより二人の関係を確かなものにするのでしょう。
想像の範疇は出ない作品だと思いますが、キュンとしたい自称“乙女”のみなさんにオススメ。

srbn のレビュー

演出 7
脚本 6
作画 7
OP/ED 7
キュン度 8
-----
総合 7

繊細な色使いに、表情を魅せるカットの多用と、少女漫画らしさの演出が素敵。特に視線の描写は気になって見てしまいます。キュンキュンなお話ですし、恋する乙女必見でしょう。
同じ『月刊デザート』に連載中の『となりの怪物くん』と同時期の放送ですが、どちらともクラスでぼっちの女の子が男子に言い寄られる話なんですよね。今後の展開は全く違ってきそうなので見比べると楽しそうです。というか、こういったぼっち系女子って何故か絆創膏いっぱい持ってますよね。みなさんもそうなんです? それはさておき、劇中音楽も素晴らしく、胸キュンなお話によくあってます。落ち着いた恋愛作品だと思うので身構えて視聴いたします。

アニ二郎探検隊 のレビュー

演出 7
脚本 7
作画 8
OP / ED 7
キャラクター 7
-----
総合 7

原作は読んでませんがどうしても避けて通れそうにないのが『君に届け』でしょうね。比較して見てしまうのはしょうがない。どっちが面白いとかはまだわかりませんけど、この作品はまず作画が良いです。
主人公は子供の頃に友達に裏切られた経験から屈折しており友達がいません。対する彼は超イケメン。見た目も性格も良い感じ。男視点から見ると彼に共感できるところがない。それは自分の不徳の致すところである。もうこうなったら主人公のめいちゃんのひん曲がった性格がまともになり、幸せになるといいなって思います。こんちきしょー

渋市飛鳥 のレビュー

演出 9
脚本 7
作画 8
OP / ED 6
キャラクター 8
-----
総合 7

ベタな話だけど、掴みが上手い! 女子の妄想全開のお話ですが、全体的に演出が素敵ですね。特にEDに入る部分の流れがとても綺麗で好きになりました。
作画も安定していますし、特に音楽が素敵だなぁ、と思ったら野見祐二さん! これは今後も期待しちゃいます。
櫻井孝宏さん演じる黒沢大和君が格好良すぎてキュンキュン!これで惚れない女性は居ませんよ。憧れの展開すぎますよ。「好きっていいなよ。」略して「好きなよ」(笑)、これからも要チェックです!

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会