体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

初のXperia T向けカスタムROMが公開

 

海外で最近発売されたXperia T向け初のカスタムROMがXDAで公開されました。今回のカスタムROMは、システムレベルで様々なカスタマイズが楽しめることで有名なCyanogenModベースのAOKP(Android Open Kang Project) ROMです。AOKP自体はまだXperia端末をサポートしてないということで、AOKPの移植チーム Kang Xperia Projectが作成したものが提供されています。一応、アルファ版として配布されていますが、主要な機能のほぼすべては動作するとのことです。ROMの導入方法はCyanogenModと同じで、ROM本体に含まれるboot.imgをFastbootコマンドでインストールしてClockworkModリカバリを起動。/sdcardに保存したROM本体をClockworkModのZIPフラッシュメニューから書き込むという流れ。ROM本体はXDAのスレッドから入手できます。Gappsは含まれていないとのことなので、こちらから別途入手し、ROM本体の後にインストールします。Source : XDA



(juggly.cn)記事関連リンク
Samsung、タフネス仕様のGalaxyスマートフォン「Galaxy Rugby Pro」やエントリーモデル「Galaxy Express」などを米AT&Tに投入
Nexus 7 32GBモデルが日本のGoogle Playストアで注文した方に届く
Xpeira T LT30pのroot化手順

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会