体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【Android搭載デジカメを徹底紹介!ニコン「COOLPIX S800c」特集】

【Android搭載デジカメを徹底紹介!ニコン「COOLPIX S800c」特集】


COOLPIX S800c特集!
ニコンイメージングジャパン(以下、ニコン)から9月27日に発売されたAndroidを搭載したデジタルカメラ「COOLPIX S800c」。Android 2.3(開発コード名:Gingerbread)を搭載し、無線LAN(Wi-Fi)経由でTwitterやFacebookといったSNSなどに撮影した画像を直接投稿ができるなど、デジカメの新しい使い方を模索する上で、注目のモデルとなっている。

当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」でも、このCOOLPIX S800cの魅力を伝えるべく、いくつかのレビューを掲載してきた。

今回は、そんなCOOLPIX S800cの紹介記事をまとめて紹介する。見逃した方も是非チェックして欲しいが、すでに読んだ方ももう一度記事を読んでいただき、デジタルカメラのスマートOSの搭載について一考してもらい、今後のデジカメのあり方を見出せたら良いなと思う。

ニコン、Android 2.3搭載のコンパクトデジタルカメラ「COOLPIX S800c」を9月下旬に発売
【Android搭載デジカメを徹底紹介!ニコン「COOLPIX S800c」特集】ニコンイメージングジャパン(以下、ニコン)は22日、コンシューマ向けのコンパクトデジタルカメラ「COOLPIX(クールピクス)」シリーズの新製品4モデルを発表した。このうち「COOLPIX S800c」(以下、S800c)は、Android 2.3(開発コード名:Gingerbread)を搭載したモデルで、Wi-Fi経由でSNSなどに撮影した画像の投稿ができる。発売は9月下旬予定で市場販売価格は47,800円程度になるもよう。

本日発売!Androidなデジカメはどうなの!?ニコン「COOLPIX S800c」を写真でチェック【レビュー】
【Android搭載デジカメを徹底紹介!ニコン「COOLPIX S800c」特集】本日、2012年9月27日発売のニコンのデジタルカメラ「COOLPIX S800c」は、ニコン初となるAndroid OSを搭載した新しいコンセプトのカメラとなっている。有効画素数1602万画素のCMOSセンサー、そして光学10倍ズーム、Wi-Fi、GPSを搭載している。ハードウェア的には2012年2月発売の「COOLPIX S6300」に近い。今回は、この発売したばかりのCOOLPIX S800cを簡単に紹介してみたいと思う。

とうとうデジカメのベンチマークも計測することに!Android搭載デジカメ・ニコン「COOLPIX S800c」の性能は?【レビュー】
【Android搭載デジカメを徹底紹介!ニコン「COOLPIX S800c」特集】9月27日発売のAndroid搭載デジタルカメラ ニコン「COOLPIX S800c」。有効画素数1602万画素、25-250mmの手ブレ補正機能付き光学10倍ズームレンズを搭載したスタイリッシュなデジタルカメラである。今回は、Android搭載ということでCOOLPIX S800cのベンチマークテストを行ってみたいと思う。はたして、性能はどれ位のものなのだろうか?!

1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。