体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

手帳のカレンダーに書いた予定をiPhoneでも確認! 手帳とiPhoneを活用したスケジュール管理の新しいカタチ「Daily′s+」【iPhoneアプリ】

手帳のカレンダーに書いた予定をiPhoneでも確認! 手帳とiPhoneを活用したスケジュール管理の新しいカタチ「Daily′s+」【iPhoneアプリ】

これからのスケジュール管理は手帳もiPhoneも両方手放せない
スマートフォンの普及に伴い、紙の手帳やノートに書いた内容をスマートフォンのカメラで撮影して取り込み活用できる「スマホ連携文具」が続々と登場しています。

今回紹介する学研ステイフルの「Daily’s+」は、手帳の月間カレンダーに記入した手書きのスケジュールiPhoneのカメラで撮影すると、iPhoneアプリ上で手書きのスケジュールとiPhone内のスケジュールが両方確認できるという、従来の製品にないアプローチを取っています。強豪ひしめくスマホ連携文具界にニューフェースが新風を吹き込むか!?

「Daily’s+」アプリは、文具店などで販売される「Daily’sワーキング手帳」と組み合わせて活用します。手帳はピンク、ブラック、ネイビーの3色から選べ、価格は1,680円(税込)です。iPhoneアプリ自体はApp Storeで無料提供されます。

【Daily’sワーキング手帳の見た目はオーソドックスなスタイル】

dailysplus_001

【月間カレンダーも標準的な表示だが…】

dailysplus_002

【カレンダーの四隅に認識用のマーカーがある(写真赤丸部分)】

dailysplus_003

アプリを起動すると、iPhoneの標準カレンダーに登録されたスケジュールが表示されます。アプリから新規スケジュールを登録することも可能です。またiCloudやGoogleカレンダーなどiPhoneがネットワーク経由で同期しているカレンダーのデータもアプリに自動的に反映されます。

【Daily’s+アプリの月カレンダー表示。iPhoneに登録したスケジュールが表示される】

dailysplus_004

標準的なカレンダーアプリ機能を持つDaily’s+ですが、やはり最大の特徴は紙の手帳との連携です。アプリで手帳の月間カレンダーを撮影すると、撮影したカレンダーを取り込んで、iPhoneに登録されたスケジュールと同時に表示することができます。

1 2 3次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。