体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

公認会計士協会前会長増田さんと元会長藤沼さんの

企業の不正事件が相次ぎ、公認会計士が担う会計監査への関心と期待が高まっている今日。
監査問題から会計基準のあり方、会計士業界の今後の見通しまで、業界を代表するビッグな2人が語り合います。
司会は硬派経済ジャーナリスト磯山友幸さんです。
お話が、オリンパス事件など、本音の部分に突入します。

■ 講師プロフィール

増田宏一

増田宏一(財務会計基準機構評議員会議長、日本公認会計士協会前会長)1944年生まれ。新潟大学人文学部卒。公認会計士となり、田中芳治公認会計士事務所に入所。1993年、朝日監査法人(現あずさ監査法人)代表社員に就任。2001年日本公認会計士協会副会長。2007年~10年まで日本公認会計士協会会長を務めた。企業再生支援機構やエーザイ、TDKなどの社外監査役を務める。

藤沼亜起

藤沼亜起(IFRS財団副議長、日本公認会計士協会元会長)1944年生まれ。中央大学商学部卒。公認会計士登録。堀江・森田共同事務所を経て、アーサーヤング公認会計士共同事務所(現E&Y)入社。1993年太田昭和監査法人(現新日本監査法人)国際部代表社員として加入。国際会計士連盟(IFAC)会長や、日本公認会計士協会会長などを歴任。現在は、国際会計基準IFRSの設定団体であるIASB(国際会計基準審議会)を運営するIFRS財団の副議長を務める。中央大学大学院戦略経営研究科(中央大学ビジネススクール) 特任教授。東京証券取引所や野村證券、武田薬品工業などの社外役員を務める。

東京プレスクラブの記事一覧をみる

記者:

東京プレスクラブについて: 「オープン&シェア」を合言葉に、現在話題となっている出来事の取材やネットでのオープンな資料・素材公開をおこなっているブログメディアです。特定の記者やジャーナリストだけではなく「新しいテクノロジーを使って誰でも参加できる情報共有の場をつくる」ことを目標に、共有すべき資料は迅速に共有し拡散することで皆さんのお役に立つことを目指しています。 東京プレスクラブに掲載された情報は転載・引用・転送・共有・拡散、すべて自由です。もちろん、ブログ、ニュースサイト、新聞、雑誌、テレビ、ラジオ等々のメディアでの利用も自由です。

ウェブサイト: http://tokyopressclub.com

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会