体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

LAMA、1年ぶり新作はアニメ「エウレカセブンAO」挿入歌“Parallel Sign”

 

iLLやNYANTORA名義でも活動するナカコーこと中村弘二と、フルカワミキ、田渕ひさ子(bloodthirsty butchers、toddle)、agraphこと牛尾憲輔の4人から成るLAMAが、ニュー・シングル“Parallel Sign”を11月28日にリリースすることがあきらかとなった。

ファースト・アルバム『New!』以来約1年ぶりの新作となる本シングルの表題曲は、4月よりオンエアされていたTVアニメ「エウレカセブンAO」の挿入歌として話題となったナンバー。物語終盤の見応えのあるシーンなどで使われて、ナカコーが手掛けたBGMと共にアニメの世界を盛り上げた。LAMAのファンはもちろんのこと、〈エウレカ〉好きにとっても待望のCD化と言えそうだ。シングルは初回仕様限定盤と通常盤の2タイプが登場。発売まで待ちきれない人は、本日深夜24:00から放送されるJ-WAVEの番組「TOKYO REAL-EYES」にてラジオ初オンエアが決定しているので、ぜひそちらをチェックしよう。

なお、LAMAのシングルと同じ日には、ナカコーによる「エウレカセブンAO」後半戦のBGMを収めたサントラ『EUREKA SEVEN AO ORIGINAL SOUNDTRACK 2』も登場。本人による全曲解説付きのブックレットを封入した、ファン必携のアイテムとなっている。

タワーレコードの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会