体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

人体の器官を人工のチップで再現する【サイエンスニュース】

人体の器官を人工のチップで再現する【サイエンスニュース】


The Wyss Institute for Biologically


新しい薬や治療法を開発するには、動物実験が欠かせない。実際の動物実験には時間もコストもかかるが、この開発プロセスを短縮するためのユニークなデバイスが開発されている。それは、人間の器官を再現するチップだ。

ハーバード大学のウィス研究所では、これまでに肺や腸、心臓の機能を再現するチップを開発してきた。

例えば、肺のチップでは、細い管が中央に通っているが、この管は多孔質の膜で上下に仕切られている。この管の片方には人間の毛細血管細胞、もう片方には肺細胞が配置されており、これは細胞壁を回して呼吸ガスと血液内ガスを交換する肺の仕組みを再現している。毛細血管細胞側に培養液を流すと(血液が流れることに相当)、管が膨らんだり縮んだりして、実際の肺と同様の挙動を示すのだ。チップのサイズはメモリカード程度で、透明になっているので、外部から反応を容易に観察できる。

これらのチップを使うことで、新薬や有害物質が器官に取り入れられた時にどのような影響があるのかを、動物実験なしに短時間で低コストにテストできるようになると期待されている。効果がない薬や治療法の開発を早めに中止することができるので、開発スピードが大幅に上がるわけだ。

2012年7月、ウィス研究所は米国のDARPA(国防総省国防高等研究事業局)と3700万ドルの共同契約を締結したことを発表した。この契約では、10の異なる器官を再現するチップの開発を目指す。さらに、チップを統合して、人体全体の生理的反応をより正確に模倣できる装置を開発するという。これらを実現できれば、体内で起こる複雑な生化学反応をリアルタイムに解析できるようになる。

(文/山路達也)

記事提供:テレスコープマガジン

?N???G?C?e?B?u?E?R?????Y

すべてのトピックスをみる – livedoor トップページ

関連記事

ワンセグTV音声が受信可能!ソニー、ポケッタブルラジオを発売
人体の器官を人工のチップで再現する【サイエンスニュース】
アウトドアで大活躍! ソニーのアクションカム デジタルHDビデオカメラレコーダー「HDR-AS15」【CEATEC JAPAN 2012】

(http://news.livedoor.com/article/detail/7013795/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。