体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

まさかデジカメでATOKやGoogleマップが使える日が来るとは!ニコンのAndroid搭載デジカメ「COOLPIX S800c」をAndroid端末として使ってみた【レビュー】

まさかデジカメでATOKやGoogleマップが使える日が来るとは!ニコンのAndroid搭載デジカメ「COOLPIX S800c」をAndroid端末として使ってみた【レビュー】

カスタマイズはAndroid端末の楽しみの一つ!
9月27日発売のAndroid搭載デジタルカメラ ニコン「COOLPIX S800c」。有効画素数1602万画素、25-250mmの手ブレ補正機能付き光学10倍ズームレンズを搭載したスタイリッシュなデジタルカメラである。

今回は、COOLPIX S800cをAndroid端末としての使い勝手をチェックしてみたいと思う。

COOLPIX S800cのホーム画面は、ホーム/ドロワー切り替え式の標準的なものとなっている。ドック部分には、ホーム画面が切り替わっても撮影、ドロワー、再生がすぐできるよう配慮されている。

COOLPIXとして使うには便利だが、Androidとして使うにはちょっと物足りないのでまずはホームを「LauncherPro」に切り替えてみた。

01

電話アイコンが見えるが通話機能はない。ホームを入れ替えることで、自分に使いやすいようにカスタマイズできるのがAndroid端末の良いところ。

02

日本語入力は、フリック機能の無い標準的なIMEがインストールされている。トグル入力で十分と言う人もいるとは思うがやはりフリック入力を使いたい。
というわけで、ATOKをインストール。

03

フリック入力だけではなく、キーのサイズやQWERTYキーを使えるなど色々便利になりかなり使いやすくなった。

04

COOLPIX S800cのストレージは、microSDではなく標準のSDカードとなっている。microSDカードをSDカードアダプターに入れてストレージとして使用可能だった。

このストレージの管理部分がデジタルカメラとしてみるとマイナス要素となっている感もある。

通常デジタルカメラの場合は、簡単にSDカードをフォーマットできるが、Androidの場合はアプリの管理領域など様々な関連づけがされているため、SDカードのフォーマット時に消失するデータが分かりづらいのと、そもそもフォーマットが簡単ではないと言う点がある。

「ストレージのマウント解除→初期化」という操作が初心者にはハードルが高いような気もする。

そのストレージに音楽データを入れれば、当たり前だが内蔵のミュージックプレイヤーで再生することができる。ただし、イヤフォン端子が用意されていないため、内蔵スピーカーからの再生となってしまう。とはいえ、デジタルカメラで撮影中にBGMが流れるのはなかなかシュールで面白い。

1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会