体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【レポート】ガン告知から死までを仮想体験するワークショップ「死の体験旅行」

【レポート】ガン告知から死までを仮想体験するワークショップ「死の体験旅行」

2012年9月27日、真宗高田派のお坊さん、浦上哲也さんが開いている布教所「なごみ庵」(東白楽)において「死の体験旅行」というワークショップが開催されました。このワークショップに参加した友光雅臣さんから、体験レポートをご寄稿いただきました。

死の体験旅行とは?「死の体験旅行」とは、自分が体調の変化に気付いて病院に行き、検査を受け、ガンを宣告され、病気と闘い、治療から緩和ケアへと移り、亡くなっていくストーリーを追いつつ、大切なものを捨てていかなくてはならない悲しみ、そして最後には全てを失い死を迎えるプロセスを仮想体験するワークショップです。

講師の蛭田みどり先生は、「桜町ホスピス」で山崎章郎氏(医師・作家)とともにホスピスケアに取り組まれた看護師さん。現在は在宅緩和ケアの基地である「ケアタウン小平」で訪問看護に従事し、豊富な経験をもとに患者や家族の「住み慣れた家で最期まで」という願いを叶えるべくご活躍されています。グリーフケア(死別による悲嘆に寄り添う手助け)にも詳しく、わが国でも希な施設ホスピスと在宅緩和ケアを熟知しておられます。

グリーフケアは生前から死後までのプロセスが重要

死の体験旅行@なごみ庵

まずは、蛭田先生からグリーフケアに関するレクチャーを受けました。印象に残ったのは「グリーフケアは患者さんが亡くなった後に始まるのではなく、患者さんとそのご家族にお目にかかったときから始まり、患者さんが亡くなられたとき、その後までの過程がとても大切」というお話です。

とりわけ「がん」は経過がある病気なので、患者さんやご遺族との闘病中の関わり方が大切になるそうです。患者さんのなかには、 徹底的に治療を求める人もいれば、緩和ケアへ切り替える人もいて、本当に様々な価値観があるからです。

目の前の患者さんに、「俺、もう死ぬんだろう?」と言われると、「そんな事言わないで、頑張りましょう」と言いたくなるかもしれません。でも、病気の経過や具合を一番わかっている本人からすると「これ以上どう頑張ればいいの?」と思わせてしまうかもしれません。「どうしてそう考えるの?」「そんな風に感じるの?」と声を掛けることで、患者さんが伝えたいことを話してもらいやすいそうです。

また、患者さんが亡くなられた後については「大切なお母さんが亡くなった空洞を埋めることは出来ないし乗り越えることは出来ない。だけどその悲しみは当然で、悲しみと一緒に生きていけばいいと思うと楽になれた」という話があるそうです。グリーフケアによって悲嘆を乗り越えるという考え方もありますが、蛭田先生は「大切な人の死は乗り越えれるものではないと思う。悲しみは悲しみで、無理に消す必要はない」と話しておられました。

私がお坊さんとして接する「死」には、”経過”を感じる部分は少ないです。あったとしても、病院から「あと2、3日とお医者さんから言われましたのでそのときはお願いします」という電話を掛けて頂いた時くらいです。「僧侶に出来るグリーフケアとは、どこから始まるのか」「どう言葉を掛けていくことが出来るのだろう」と考えさせられました。

お坊さんは死の直前に何を思う?

死の体験旅行ワークショップ@なごみ庵

レクチャーの後は、いよいよ自分自身の死生観を見つめてみる、死の体験旅行が始まりました。

まず、大切なものを4グループに分けて5項目づつ、計20項目書き出します。白い紙には「物質的に大切なもの(家、車、パソコン、携帯電話、時計、大切な人の形見等)」、青い紙には「自然の中で大切なもの(空、酸素、水、海、太陽、山等)」 、ピンクの紙には「大切な活動(仕事、読書、音楽鑑賞、スポーツ、子供と遊ぶ等)」、黄色い紙には「大切な人(奥さん、お子さん、両親、友人、先輩等)」。

その大切なものを手に、目を閉じて蛭田先生の語るストーリーに自分を当てはめます。そしてタイミングごとに目を開けて、紙を丸めて床に捨てるということを繰り返します。

「体調の変化を感じ、病院の予約を取る」ときに一枚、「検査を受ける」で三枚捨てます。「ガンを告知される」でまた三枚、「「手術を受けて、治療のため仕事を辞める。体は疲れやすく、あらゆる行動が難しくなってくる」でさらに二枚捨てます。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。