体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Windows 8ではアプリもタッチ対応に! マウスだけでなくタッチ操作にも最適化されたWindows 8向けアプリ 【デジ通】

Windows 8ではアプリもタッチ対応に! マウスだけでなくタッチ操作にも最適化されたWindows 8向けアプリ 【デジ通】


VAIO Duo 11のデジタイザーペンで使うNote Anyware

Windows 8ではOSとハードウェアの最適化が重要という話をしたが、コンピューターは利用できるアプリケーションがなければ、UIがどれだけ進化しようが意味はない。使いたいソフトがそのOSや、最新のハードウェアにどれだけ対応するかも重要なポイントになってくると言えるのだ。

たとえばタブレット比較でAndroidタブレットとiPadを比べた場合、ハードウェアの違いよりも、対応しているアプリケーションを比べるのが普通だ。どうしても使いたいソフトがAndroid向けしか用意されていなければ、いくらiPadを使いたいと思っても意味がないからだ。逆にiPadでしか使えないアプリがあるのであれば、迷わずiPadを使うということになる。同じようにWindows 8でも新しい操作方法やハードウェアに対応するアプリの対応状況が重要になってくる。

Metro UIだのModernだのWindows 8スタイルUIだの、何度も名称が変わり、あり得ない方向に迷走しているように思えるWindows 8の新しいタイル上のインターフェイスに対応したアプリは、基本的にタッチに最適化されているが、デスクトップアプリケーションの一部でもタッチ操作や新しいハードウェアに最適化するように開発されているモノがある。

■Offfice 2013
マイクロソフトのOffice 2013は、Windows 8やWindows RTでもデスクトップアプリとして動作するようだが、マウスとタッチ用でアイコンのサイズなどを切り替えることができるようになるなど、それぞれの操作で使い勝手が良くなるように設計されている。

また、マウスでタッチした場合と、指でタッチした場合で出てくる情報のサイズを変更するような事も行われている。もちろんマウスで操作するのと同等かそれ以上にタッチ操作でもOfficeを快適に操作できるように考えられている。

?N???G?C?e?B?u?E?R?????Y

すべてのトピックスをみる – livedoor トップページ

関連記事

地デジを480時間録画できる! USB3.0対応外付けHDDに4TBモデルが登場
ミラーレス一眼は高画質APS-C時代へ!APS-C vs マイクロフォーサーズ
タッチ液晶だからWindows 8も簡単操作【動画で見る新型Let′snote AXシリーズ】

(http://news.livedoor.com/article/detail/7014277/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会