体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【CEATEC JAPAN 2012】NAVITIMEブース、HTML5を利用したWebブラウザ上で動作するカーナビゲーションシステムを参考出展

【CEATEC JAPAN 2012】NAVITIMEブース、HTML5を利用したWebブラウザ上で動作するカーナビゲーションシステムを参考出展


NAVITAIMEが開発中のガジェットを選ばないナビゲーションシステムとは?
千葉県・幕張メッセで10月2日(火)から10 月6日(土)まで開催されている「CEATEC JAPAN 2012(シーテック ジャパン 2012)のNAVITIMEブースでは、参考出展として「HTML5を利用してウェブブラウザ上で動作するカーナビゲーション」が展示されていましたので紹介したいと思います。

01

HTML5で動作するカーナビシステムの概要

■すでにある程度動いてはいるのですが…

03

Dolphin Browser上で動作させているカーナビシステム。
会場では「Nexus 7」でWebブラウザーアプリ「Dolphin Browser」を起動し、ブラウザ上で動作する状態のものが展示されているのですが、説明員によるとDolphin Browser以外では動作がうまくいかず、Nexus 7にプリインストールされている「Chrome for Android」でナビゲーションをやろうとすると音声案内の声がとぎれとぎれになるなど、同じWebkitを利用したブラウザでも動作に差が生じているとのこと。

Dolphin Browserでも動作は安定せず、筆者が説明を受けているときにフリーズしたりする場面も見られました。

今はDolphin Browserで問題なく動くようにする目標で開発しており、そこから他のブラウザやAndroid以外の端末やPC(WindowsやMac)のブラウザなどでテストしていきたいとのこと。

02

フリーズする場面もあったもののルートやスポットの検索などは既に実装されていました。

また、現状でHTML5が2種類の規格に分裂してしまい(2012年10月現在、HTML5先進版とHTML5安定版の2派に別れてしまっている)、HTML5規格がちゃんと定まって策定されていない状況も問題となっているそうです。

説明員の話では「HTML5の規格がどちらかに一本化してから後のことを見越した展示なので、リリース時期に関してもまったくの白紙」とのことです。

なお、今回展示されているHTML5カーナビゲーションにおいてはHTML5先進版の方の規格に沿った開発をしているそうです。

04

マップ上にマーカーを置くことも可能で、言われない限りWebブラウザ上で動いてるとは気付かないレベルになっていました。

1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会