体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ミラーレス一眼は高画質APS-C時代へ!APS-C vs マイクロフォーサーズ

ミラーレス一眼は高画質APS-C時代へ!APS-C vs マイクロフォーサーズ


APS-Cとマイクロフォーサーズ

カメラのデジタル化は、コンパクトデジタルカメラから始まり、デジタル一眼レフカメラと波及してきた。コンパクトカメラと一眼レフカメラが主流だったデジタルカメラ市場に大きな変革を与えたのが、デジタル一眼レフカメラより小型で、コンパクトデジタルカメラより高画質なミラーレス一眼の登場だ。2012年モデルが各社から国内外で発表され、盛り上がりを見せているミラーレス一眼について改めてご紹介する。

■ミラーレス一眼をヒットさせたマイクロフォーサーズ
コンパクトデジタルカメラでは画質や撮影に満足できない、デジタル一眼レフでは大きく重いといった不満を抱えていた利用者の気持ちを鷲掴みにしたのが、ミラーレス一眼だった。

オリンパスやパナソニックから登場したミラーレス一眼は、イメージセンサーに両社で共同開発した規格、マイクロフォーサーズを搭載し、小型で軽量かつ高画質で、デジタル一眼レフと同様にレンズ交換ができることから、当時のデジタルカメラへの不満を一気に解消するものだった。
また、レンジファインダーモデルのような本体デザインは、カメラ好きの男性だけでなく、女性が手軽に持ち歩き、撮影できる高品位なカメラとしても受け入れられることになった。
ミラーレス一眼は高画質APS-C時代へ!APS-C vs マイクロフォーサーズマイクロフォーサーズを採用したミラーレス一眼

■デジタル一眼レフなみの高画質でマイクロフォーサーズの弱点を克服したAPS-Cミラーレス
小型軽量でレンズ交換ができるマイクロフォーサーズのミラーレス一眼だが、弱点もあった。
コンパクトデジタルカメラに比べれば、高画質なマイクロフォーサーズのイメージセンサーであるが、デジタル一眼レフに比べれば、画質面で劣る点だ。

ミラーレス一眼が登場した当初は、デジタル一眼レフとコンパクトデジタルカメラの間を埋めるには十分な性能と思われていたマイクロフォーサーズだが、ミラーレス一眼も世代を重ねたことで、画質面に不満を持つユーザーも増えて来た。

そんなミラーレス一眼の不満を解消したのが、APS-Cサイズ撮像素子を搭載したソニーの「NEXシリーズ」だ。APS-Cミラーレス一眼は、ソニーNEXシリーズに続き、ついにキャノンもAPS-Cセンサーを搭載したミラーレス一眼「EOS M」を発表し、あらたな時代に突入した。

ミラーレス一眼は高画質APS-C時代へ!APS-C vs マイクロフォーサーズソニー「NEX」とキヤノン「EOS M」

■マイクロフォーサーズとAPS-C 画質の差は撮像素子とレンズ
デジタルカメラの画質は、画素数、撮像素子サイズ、レンズ性能で決まるといってもよい。

日進月歩で進歩している画素数は、今では1200万画素から1600万画素クラスまで高画質化しているが、現在の各社カメラの画素数には大きな差がなくなってきている。

こうなると画質の差は、画素数から撮像素子サイズとレンズ品質がポイントとなってくる。

撮像素子では、マイクロフォーサーズの約17.3×13mmに比べ、APS-Cは約22.5×15mm と大きく、画質的にもかなり有利になる。

レンズ品質では、マイクロフォーサーズではレンズを小型化できる反面、小型で高性能なレンズを新規開発しなくてならず、レンズバリエーションが増やしにくくなる。デジタル一眼レフと同じAPS-Cサイズのミラーレス一眼の場合、開発が容易なだけでなくデジタル一眼レフ用レンズをマウントアダプターで利用する場合も無理が少ない。

撮影面では、マイクロフォーサーズのようなセンサが小さい場合、焦点距離を短くできるので接写に強い反面、デジタル一眼レフのような大きく綺麗な背景のボケが利用しづらい。APS-Cセンサ採用のミラーレスは、デジタル一眼レフのような大きな背景ぼけが利用できるので、よりデジタル一眼レフに近い写真を撮影することができる。

1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会