体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

WEB連載〈久保憲司のロック千夜一夜〉更新! 今回はグリーン・デイ『Uno!』

 

グリーン・デイ 『Uno!』ジャケット画像

ロック・フォトグラファーとして活躍、さらにロック・ジャーナリストとしての顔も持つ〈現場の人〉久保憲司氏が、ロック名盤を自身の体験を交えながら紹介するWEBオリジナル連載コラム〈久保憲司のロック千夜一夜〉。今回は、3部作のキックオフとなるグリーン・デイの・ニュー・アルバム『Uno!』について。

『American Idiot』『21st Century Breakdown』というヘヴィーな名作を経て到着した、原点回帰的なアルバムと言える『Uno!』。そこには、薬物中毒によるリハビリ施設入所が報道されたばかりのフロントマン、ビリー・ジョー・アームストロングの背負う業が刻み込まれていて……。独自の視点からの考察を読みたい人は、いますぐチェックをどうぞ!

★記事はこちらから

タワーレコードの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。