体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

新しいメディタブはどう変わった?全部入り「MEDIAS TAB N-06D」と最軽量「MEDIAS TAB UL N-08D」を比較してみた(ソフトウェア編)【レビュー】


IMG_8549


メディタブの中身はどう進化した?

NTTドコモから発売中のNEC製の7インチタブレット「MEDIAS TAB UL N-08D」(以下N-08D)は、約249gの軽量ボディが特徴のモデルです。一方、春モデルとして発売されている同じくNEC製の「MEDIAS TAB N-06D」(以下N-06D)は防水性能に対応のほか、赤外線通信機能、おサイフケータイにも対応、さらにモバキャス放送「NOTTV」を視聴できるなど全部入り端末となっています。

前回はN-08DとN-06Dの外観の違いについてのレビューをお届けしましたが、今回は、内蔵ソフトウェアについてチェックしていきます。

■ホームアプリはどうちがう?
N-06DはプラットフォームにAndroid 2.3(開発コード名:Gingerbread)、N-08DはAndroid 4.0(開発コード名:IceCream Sandwich;ICS)をそれぞれ搭載しています。そのため基本的なUIなどが異なりますが、プリインストールされているホームアプリについてはどうなのかをまずは比較していきます。

06d_home

N-06Dのホーム(左)とドロワー(右)
N-06Dには「docomo Palette UI」は搭載されておらず、メーカーの「ホーム」アプリ1つのみとなっています。Android 2.3ということもあり、スマートフォンのMEDIASシリーズと共通のホームとなっています。

とてもシンプルな作りとなっており、ドロワー画面のアプリのカテゴリー分け、並べ替えなどはできません。ドック部分も電話、ドロワー、ブラウザ固定でカスタマイズはできません。N-08Dは、ICS標準に近い「ランチャー」と「docomo Palette UI」の二種類のホームアプリがプリインストールされています。

08dhome

N-08D「ランチャー」のホーム(左)とドロワー(右)
「ランチャー」は、タブレット用UIとなっています。そのため、スマートフォンのようにドック部分はありません。右上のアイコンからドロワーを開きます。

08palette

N-08D「docomo Palette UI」のホーム(左)とドロワー(右)

08palette02

「docomo Palette UI」は、横画面表示にも対応
横画面で使う場合、リストが左側に表示され、右側にアプリ一覧が展開するので見やすくなっています。

1 2 3次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。