体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ザゼン、BIGMAMAらの新作登場! 9月タワー全店インディーズ・チャート

 

9月のタワーレコード全店のインディーズ・チャートを発表します!

1. ZAZEN BOYS 『すとーりーず』
2. BIGMAMA “風船夫婦の俯瞰show”
3. THE HUMAN BEATS “Two Shot”
4. 中田裕二 『MY LITTLE IMPERIAL』
5. AeLL. 『with AeLL.』
6. AKLO 『THE PACKAGE』
7. それでも世界が続くなら 『この世界を僕は許さない』
8. F.I.B 『FIRE CRACKER』
9. 空想委員会 『僕はまだ必要十分条件を満たしていない。』
10. 七尾旅人 『リトルメロディ』 

 

1位を獲得したのは、向井秀徳率いるZAZEN BOYSの通算5枚目のオリジナル・アルバム『すとーりーず』。向井が作詞/作曲から録音、ミックスまでを手掛けた、これまで以上に研ぎ澄まされたサウンドの作品となっています。2位にはBIGMAMAの両A面シングル“風船夫婦の俯瞰show”が入っており、3位にはMONGOL800のキヨサク、RHYMESTERのMummy-D、クリエイティヴ・ディレクターの箭内道彦、音楽プロデューサーの亀田誠治の4人から始まったスペシャル・プロジェクト、THE HUMAN BEATSによるタワーレコード限定のチャリティーCDシングル“Two Shot”がランクイン。ほかにも、元椿屋四重奏の中田裕二、4人組アイドル・ユニットのAeLL.、気鋭のラッパーであるAKLO、メロディック・パンク・バンドのF.I.Bのアルバムが初登場したほか、それでも世界が続くなら、空想委員会といった注目の若手バンドの新作も上位に食い込んでいます。

タワーレコードの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。