体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【CEATEC JAPAN 2012】NTTドコモブース、手ぶらでテレビ電話ができる「ハンズフリービデオフォン」を参考出展

【CEATEC JAPAN 2012】NTTドコモブース、手ぶらでテレビ電話ができる「ハンズフリービデオフォン」を参考出展


近い将来、完全ハンズフリーなモバイルビデオ通話の時代がくる!?
千葉県・幕張メッセで本日10月2日(火)から10月6日(土)まで開催されている「CEATEC JAPAN 2012(シーテック ジャパン 2012)」のNTTドコモブースにて、端末を手に持つことなくハンズフリーでテレビ電話をすることができる「ハンズフリービデオフォン」が参考出展されていましたので紹介します。

01

ハンズフリーフォンの概要

04

コンセプトデザインと利用イメージ

■凄い技術とカメラの塊

02

ハンズフリービデオフォン端末の試作品
完全に手ぶらの状態で通話を行うためにメガネ型の端末になっており装着して利用します。

端末には顔(内側)に向かって5つの超広角カメラがついており、これらのカメラが顔のそれぞれの部分を認識・合成して相手側の端末に自画像を表示させます。

カメラの死角部分はCGによる補間を行うため、本来の顔と相手側の端末に送られる映像が若干異なることになります。

03

補間した部分はCGで描かれるために顔の上側は改造人間のように見えてしまう。
今後の課題は更なるカメラ部の広角化とより自然な補間・軽量化を目指しているそうです。

試作品の段階ではハンズフリーには成功しているものの重量や大きさなど改善点はまだまだあるとのことですが、これらの要素がクリアされればモバイルの世界がまた一つ違うものになるかもしれません。

05

将来的にはこのくらいに軽量化された状態を目指すとのことです(説明員は10年後くらいを目標と話していました)
このハンズフリービデオフォンは実際にデモンストレーションを行っておりブース内にて実際に利用している状態を見ることができます。

未来のモバイルの新しい姿の一つを見ることができるかもしれませんね!

06

こちらのQRコードから今回の展示物パネルの概要などをより詳細に見ることができます

記事執筆:河童丸
>

CEATECbanner_460x60

■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX – Facebookページ
「CEATEC」特集 – S-MAX – ライブドアブログ
CEATEC JAPAN 2012 | 公式サイト

?N???G?C?e?B?u?E?R?????Y

すべてのトピックスをみる – livedoor トップページ

関連記事

【CEATEC JAPAN 2012】NTTドコモブース、手ぶらでテレビ電話ができる「ハンズフリービデオフォン」を参考出展
【CEATEC JAPAN 2012】ファーウェイが初出展!スマホ「Ascendシリーズ」など国内外でリリースされてるさまざまな端末を展示
KDDI、au向け「GALAXY SII WiMAX ISW11SC」へのAndroid 4.0アップデートを不具合解消して配信再開

(http://news.livedoor.com/article/detail/7008184/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。