体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

VAIO Duo 11の開発コンセプトが明らかに!赤羽執行役員と下野統括部長が語る、新VAIOの戦略

VAIO Duo 11の開発コンセプトが明らかに!赤羽執行役員と下野統括部長が語る、新VAIOの戦略

VAIO 秋冬モデル新登場! 今年の目玉は“変形”するノートPC!」で紹介したように、2012年10月1日、ソニーは、報道関係者向けに「Windows 8搭載 パーソナルコンピューター VAIO(バイオ) 新商品発表会」を開催した。

■最高のパートナーであり続けたい – 赤羽執行役員
発表会は、まずソニー株式会社 業務執行役員SVP VAIO&Mobile事業本部 本部長 赤羽 良介 氏によるVAIOの商品戦略の説明から始まった。

VAIO Duo 11の開発コンセプトが明らかに!赤羽執行役員と下野統括部長が語る、新VAIOの戦略ソニー株式会社 業務執行役員SVP VAIO&Mobile事業本部 本部長 赤羽 良介 氏

赤羽行役員は、全世界でのノートPC、タブレット市場の台数推移の資料を提示し「タブレットについては大きく伸びており、今後もその成長が続くと捉えている。一方ノートPCについても、継続して市場は成長していくと考えている。そこで、Windowsのタブレット、Windowsのハイブリッドといった新しい形態のものは、このノートPCの分類に入れている。我々は、その新しい形態のものがノートPCにおける市場の成長を牽引すると捉えて、この領域において思いきり取り組んで市場をリードしていく」とPC事業についての取り組みを明らかにした。

VAIO Duo 11の開発コンセプトが明らかに!赤羽執行役員と下野統括部長が語る、新VAIOの戦略ノートPC、タブレット市場の台数推移(全世界)

「この秋のVAIOの商品戦略は、2つに集約される。ひとつは、TOUCH(タッチ)対応モデルの強化。Windows 8のよさを存分に味わうためには、画面を直接操作するタッチの機能が最適だと考えている。我々は、幅広くタッチ対応モデルを揃えていく。さらにタッチ操作をフルに活かす新コンセプトモデルを投入して、市場を創造する」と「VAIO Duo 11」や「VAIO Tap 20」に代表されるタッチ対応モデルを投入する経緯を語った。

「我々がこだわったのは“and”か“or”かの違いです。“PC or タブレット”ではなく“PC and タブレット”。あるときはPC、あるときはタブレットではなく、常にPCであり、タブレットであり、そのような使い方ができることを追求した」と、VAIO Duo 11についての開発コンセプトを説明。

VAIO Duo 11の開発コンセプトが明らかに!赤羽執行役員と下野統括部長が語る、新VAIOの戦略PCであり、タブレットでもある「VAIO Duo 11」

「2つめの戦略は、ソニーの総合力を活かした他機器やサービスとの連携によって、コンテンツを快適に楽しむ新しい体験を提供する」と語り、

1)nasneにアクセスすることで、すべてのVAIOがテレビ番組の視聴と録画に対応すること

2)ワイヤレスでXperiaスマートフォンからVAIOにコンテンツを転送する際、ワンタッチで簡単に接続できること

を強調した。

VAIO Duo 11の開発コンセプトが明らかに!赤羽執行役員と下野統括部長が語る、新VAIOの戦略他機器やサービスとの連携
1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy