体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

エレファントカシマシがライヴ活動無期限休止、宮本浩次の急性難聴発症で

 

 

エレファントカシマシが、フロントマン宮本浩次の急性感音難聴発症によりライヴ活動を無期限で休止することがあきらかとなった。

これはバンドのオフィシャルサイトにて、本日10月2日付で発表されたもの。宮本は今年9月1日深夜に左耳が聞こえ辛くなり、医師には急性感音難聴を発症しており、外リンパ瘻の可能性があると診断されたという。その後すぐに治療を開始したが改善の傾向が見られず、左耳の聴力がほぼ失われる状態まで病状が進行したため、9月5日に手術。術後の経過は順調で、聴力は少しずつ回復に向かっており、日常生活に支障はないとのこと。

これに伴い、10月8日(月・祝)の大阪城野外音楽堂公演と、10月14日(日)の東京・日比谷野外大音楽堂公演は中止されることが決定。本人の強い希望で、ぎりぎりまで開催の方向で治療とリハーサルを行って来たものの、全力の歌唱が出来るまでに聴力が回復せず、リハーサルの時間も充分に取れなかったため、やむなく中止することになったという。

また、エレカシは来年1月に予定していた東京・日本武道館での新春ライヴを含め、今後のコンサート活動をしばらく休止。ライヴ活動再開の時期は未定だが、1日でも早い回復を目指し、次のステージでは全力のパフォーマンスを披露できるよう、万全の体勢で臨むとのこと。なお、映画「のぼうの城」の主題歌として彼らが書き下ろしたニュー・シングル“ズレてる方がいい”は、予定通り10月31日にリリースされる。ファンは宮本とバンドの復活を待とう。

タワーレコードの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。