体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アラフォー女子を憧れのボディにしてくれる身近な“小物”とは?

 突然ですが、質問です。あなたは以下のダイエットに関する項目にどのくらい当てはまりますか?

□ 運動ギライ
□ リバウンドを繰り返している
□ 食べるのをガマンできない
□ 胸はヤセたくない
□ 何をやっても続かなかった
□ ヤセてもお腹だけポッコリ出ている

 続けなきゃいけないのに、なかなか続けられないダイエット。それに、すぐリバウンドするし、腰回りやヒップだけ痩せたかったのに胸のサイズまで落ちちゃった…そんな具合になかなか事は上手くいきません。“減らしたくないところを減らさず”に痩せてキレイになるのが一番の理想ですが、一体どうすればいいのでしょうか?

 そこでカギを握るのが、「快い」という感情と「キレイになった自分の姿」という想像です。
 「ダイエット道場」を主宰するビューティーコンサルタントのくらもちじゅんこ(倉持淳子)さんは、グルメ情報検索サービス「ぐるなび」に勤務していた時代に培った目標達成の手法をダイエットに応用し、“メジャリング・ダイエット”を考案。『キレイのための手帳術』(すばる舎/刊)で、その方法を公開しています。

 その“メジャリング・ダイエット”に欠かせないアイテムが、メジャーと普段使っている手帳。メジャーといえば、家庭科の授業で皆さんも使ったことがありますよね。家に1個はどこかに眠っているはず。手帳は、改めてダイエット用に用意するよりも、普段使っている手帳に書く方が、毎日目にすることになって効果的だそうです。

 この“メジャリング・ダイエット”では以下の箇所のサイズを毎日メジャーで測定して、手帳に記録します。

【サイズの測る位置とその具体的な場所】
・トップバスト・・・90度の角度でお辞儀した状態で、一番ふくらみが高い位置
・ウエスト・・・ひじと同じ高さ、もしくは肋骨の終わりの際
・ヒップ・・・脚をそろえて立ち、最大周(一番大きいところ)
*太ももの付け根・恥骨の先端から8センチ上
・太もも・・・脚の付け根の一番太い場所
・ふくらはぎ・・・最も太い部分
・足首・・・一番細いところ

 最初は、測るだけでも不思議とヤセていくそうなんですが、途中からは自分の好きなダイエット法、できそうなエクササイズなどを取り入れていきます。
 ここが一番のポイントなのですが、毎日サイズを測り、記録し続けることで、一か月前や半年前と自分がどう変わってきたのか、その期間何をしてどんなときにサイズが減ったのかがわかります。つまり、自分にピッタリのダイエット法を見つけることができるのです。
 確かに、その時はやっているダイエットを「カンタンそうだから」って始めても、体重を測っているだけでは中々効果が出ず、すぐやめてしまいがち。でも、実は人によってサイズから先に減るのか、体重から先に減るのか、というのは違うそうで、体重に変化がなくてもウエストは減っていた、なんてことがあるわけです。体重だけだと、この変化を見逃してしまうわけですが、毎日サイズも測っていれば、この嬉しい変化に気づける。すると、人間は現金な生き物ですから、「効果があったんだから、がんばろう」って思いますよね。

 実は著者のくらもちさんも、かつてストレスで太ったり、リバウンドを繰り返して、苦しんだ経験があるそうですが、メジャーと手帳を使ったダイエット法で現在の美しさを手に入れたといいます。
 今まで全然ダイエットが続かなかった、やっているダイエットがつらくて仕方ない、身体の一部分だけ痩せたい、理想の身体を手に入れたいと思っている人は、実践してみてはいかがでしょうか。
(新刊JP編集部)



(新刊JP)記事関連リンク
ダイエットを毎日続けるための秘訣とは?
ダイエットのモチベーションを高める6つの法則
気をつけるべき“ダイエットの落とし穴”

エンタメ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。